「ペンキ容器の中に子猫が!」窒息寸前のところをギリギリで救助成功

感動

子猫がペンキ容器に閉じ込められたまま路上に捨てられていました。通行人が発見して動物保護団体へ通報したため無事に救出されましたが、この惨酷な行為に非難の声が上がっています。

路上に捨てられたペンキ容器には…

出典:https://metro.co.uk/2021/09/30/kitten-rescued-after-being-dumped-in-bucket-and-left-by-a-road-15342845/

小さくて身を守るすべのない小動物を捨てたり、危害を加えたりするなんて、普通の人間にはとても考えられないことです。

このため、子猫がペンキ容器に閉じ込められて路上に捨てられていた事件は、動物保護に従事する人々にとって大きなショックでした。子猫はこのプラスチック製の容器から出られないまま、小さな穴だけをたよりに呼吸していたのです。幸いなことに、通行人が気づいてくれました。

2021年9月29日のことです。北アイルランドのアーマ郡の路上にペンキ容器が捨てられているのを、通りがかりの人が見つけました。フタを開けてみると、中には白いペンキにまみれた子猫がいたのです。さっそくその人は北アイルランド動物福祉協会(USPCA)へ通報しました。

出典:https://metro.co.uk/2021/09/30/kitten-rescued-after-being-dumped-in-bucket-and-left-by-a-road-15342845/

子猫はすぐUSPCAへ運ばれ、獣医チームがペンキを洗い流して体をきれいにし、餌を与えました。

コリーン・ティネリー(USPCAの開発担当マネージャー)は「通行人が子猫に気づいて連絡してくれてよかったです。ひどい状態で、命の危険もあったのですから」といいます。

残酷な行為に非難の声

「無抵抗な幼い動物に、こんな残酷なことができる人間がいるなんて、とても信じられません。でもうちの獣医チームがすばらしい働きをしてくれたので、子猫は元気を回復しています。いまはここでケアを受けながら過ごしています。今回は発見されたからよかったものの、路上に放置されたままだったら、死が迫っていたでしょう」とコリーンさん。

子猫がすっかり元気になったら、新しい飼い主を探すことになります。

ネット上でも「ひどい人がいるわね。子猫が無事でよかった。早くよい飼い主が見つかるといいですね」「道端に無抵抗の子猫を捨てるなんて、残酷な行為だ。こんな人間はアイルランド共和国軍に拘束されるといいのに」などの声も上がっています。

出典:https://metro.co.uk/2021/09/30/kitten-rescued-after-being-dumped-in-bucket-and-left-by-a-road-15342845/

こんな記事も読まれています

『極寒の中で暮らす野良猫たち』のためにお店を開放した店主のあったかいお話

【感動】母猫が水死「孤児」になった子猫を守っていたのはやさしい雌鶏

Comment