大好きなおもちゃに囲まれながらシェルターで里親を待つ愛らしい雑種犬

感動

雑種犬のベラはずっとシェルターで暮らしている。他の犬たちとうまく接することができなかったがシェルタースタッフの努力で社会化が進み、今はおもちゃに囲まれて里親が現れるのを待っている。

他の犬とうまくいかないベラ

出典: https://www.boredpanda.com/dog-spent-whole-life-shelters-comfort-toys-rspca/

ほとんどの動物は食うか食われるかの世界で暮らしています。家の中でぬくぬくと贅沢三昧しているペットもいますが、野性の世界や道端やシェルターで苦労している動物もたくさんいます。苦労していても、全く夢も希望もなくお先真っ暗というわけでもありません。

ごくまれに、王立動物虐待防止協会(RSPCA)に保護されるという幸運にめぐり合う動物もいます。ベラもその中の1頭です。

出典: https://www.boredpanda.com/dog-spent-whole-life-shelters-comfort-toys-rspca/

ベラは現在2歳の可愛い雑種犬で、ずっとシェルターで暮らしています。ベラのシェルター暮らしはちょうどコロナ禍と重なります。

ベラは、他の犬たちとうまくいきません。専門家は、ベラは野良犬だったので、育った環境では、社会化が育つクリティカルな数か月の間に他の犬と接する機会が少なく、必要な経験をすることができなかったのだろうと考えています。

おもちゃに囲まれて里親を待つベラ

出典: https://www.boredpanda.com/dog-spent-whole-life-shelters-comfort-toys-rspca/

けれどもシェルタースタッフの努力と献身の結果、ベラは今は次第に他の犬ともうまく接することができるようになり、間もなく里親も見つかるだろうと思われます。

里親が見つかるのを待つ間、ベラはシェルターで大好きなおもちゃに囲まれてのんびり暮らしています。クマのプーさんがお気に入りの1つです。

画像をもっと見たい方はこちら

出典: https://www.boredpanda.com/dog-spent-whole-life-shelters-comfort-toys-rspca/

こんな記事も読まれています

生まれてからずっと【地下室】に閉じ込められていた繁殖犬。救出され広い世界を知る

『最年少』で困難な手術を乗り越えた小さな子猫『ペギー』生きたいと主張する彼女を支えたのは心優しい先住犬でした

Comment