飼い主の入院により取り残された犬…しかし里親探しの協力中に奇跡が!!

感動

非営利の動物愛護ボランティア団体『ディ・アンク』の元に、ご高齢の飼い主さんが急遽入院することとなり、退院の目処が立たないため里親探しをお手伝いしてほしいとの依頼が来ました。事の経緯を聞き、里親探しを手伝うことにしたところ、驚くべき奇跡が起きたのです!

ご高齢の飼い主さんが入院のため息子さんが通っている現状

外飼いの犬

出典:https://www.facebook.com/photo?fbid=1460598564080918&set=pb.100003923641150.-2207520000..

今回、犬の里親探しを手伝ってほしいと『ディ・アンク』さんに相談されたのは、ご高齢の飼い主さんの息子さんでした。どうやら、ご高齢の飼い主さんは1人暮らしだったようで、センターから過去に引き取った愛犬と一緒に暮らしていたと言います。

しかし、今回飼い主さんが入院することとなり、診察の結果、退院できる見込みがないとの悲しい結果を聞いたため、息子さんが遠方から毎日通い、最低限のお世話だけしている状態だと言います。

元々センターから引き取られたこちらの犬は、飼い主さんにも可愛がられていたと言います。そのため、息子さんもできる限りのお世話をしてあげたいと、自分が住む少し離れた地域から、毎日ごはんとお水を与えに来てくれているのだとか。

しかし、その後に仕事があるため、毎日散歩をしてあげることもできず、最低限のお世話しかしてあげられない状況に心苦しさを感じていたと言います。

しかし、元々センターから引き取った子なので、センターに戻すという選択肢は絶対いけないと考えた息子さん。そこで、自力で犬を愛してくれる里親さんを探していたと言いますが、やはりなかなか引き取り先が見つからなかったのだとか。

そこで、里親探しのお手伝い、ということでセンターに相談したところ、『ディ・アンク』さんを紹介してもらったと言います。

里親探しの前に検査費や医療費をお願いすることに

『ディ・アンク』さんとしては、このまま犬を放っておくことはできません。息子さんの気持ちも十分理解できる理由だったため、里親探しをお手伝いしようと決めました。

しかし、里親探しをする前に、まずは犬の健康状態を知るために検査をする必要があります。動物病院で検査するための費用を息子さんにお願いしたところ、快く医療費を負担していただけることになりました。

こうして『ディ・アンク』さん協力の下、動物病院で必要な検査とワクチン接種を行い、里親探しの準備が完了したのです。

SNS募集で早速里親候補が…さらに奇跡の展開に!

対面

出典:https://www.facebook.com/photo?fbid=1464723213668453&set=pb.100003923641150.-2207520000..

まずはSNSを使い里親さんを募集したところ、早速里親さんに名乗りを挙げてくれる方が現れました!やっぱりSNSの力はすごいですね!

保護犬を助けたいという男性からの申し込みだったため、早速お見合いをセッティングすることに。

本来ならば将来を見越してトラブルを回避するため、いつもならば元の飼い主側とお見合い相手を対面させないという『ディ・アンク』さん。しかし、なぜかこの時はお互いに会ってもらうべきなのでは、と思ったそうで、急遽息子さんにもお見合いの場に来てもらうことになりました。

そしてお見合い当日。息子さんがお見合いさせる犬を連れてお見合いの場に到着すると、なんと奇跡の展開が待っていたのです!

なんとお見合い相手は、息子さんがよく知る相手であり、「もしも里親がこのまま見つからなかったら、この人にダメ元でお願いしてみようかな」と考えていた相手だったというのです!

しかし、息子さんは長らく連絡を取っておらず、お相手の連絡先を知らなかったため、連絡することができなかったのだとか…そこにこのお見合いです!もうこのわんちゃんが引き合わせたとしか思えないほど偶然の奇跡です!

その後、息子さんも相手の方がとても良い人だということを知っていたこともあり、早々にお見合い相手の方が里親になってくださることが決定しました!

また、連絡先を交換し、今後も犬に関する状況などを連絡を通して交換していくということです♪とても素敵な結末を迎えることができてよかったですね!

最後に

散歩中に笑顔の犬

出典:https://www.facebook.com/photo?fbid=1464723313668443&set=pb.100003923641150.-2207520000..

今回、ご高齢の飼い主さんが入院し、遠方から頑張ってお世話してくれていた息子さんが転勤することになってしまったことが、里親募集のきっかけだったと言います。

里親さんが決まった時期は、転勤直前のギリギリのタイミングだったというので、よりこの奇跡的な展開が素晴らしい奇跡だと感じてしまいます。

現在、このわんちゃんは新しい里親さんが大切にお世話してくださっているため、幸せに暮らしているとのことです。素敵な結末を迎えられて本当に良かったです。

※こちらの記事は動画や画像の撮影・制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
掲載団体名:ディ・アンク

[feed_only]動画も見たい方はこちら[/feed_only] [exclude_feed]

ディ・アンク

▼▼ Facebookページはこちら ▼▼
https://www.facebook.com/diankshimonoseki/

▼▼ 里親募集中の情報はこちら ▼▼
https://www.pet-home.jp/member/user564895/post/

こんな記事も読まれています

「どうしたの?大丈夫?」優しい猫さんは飼い主をそっと慰める【感動】

検査の結果「命の選択」を迫られた『犬』迷いない家族の愛の選択で救われ幸せに

Comment