保護された”15歳”の高齢猫はなんと「診察した獣医さん」が引き取ってくれることに♡

感動

ある日、ニュージャージー州の路上でガリガリに痩せ細った猫が発見されました。地元の動物保護団体『Voorhees Animal Orphanage』に保護された猫は、どうやらとても高齢のよう。しかし、発見時、とても人懐こく、人間の愛情を欲しているように見えたと言います。

人懐っこい高齢の野良猫を保護

バーナビー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=aNrCISIWDFw

ニュージャージー州の路上で、保護団体によって保護された猫は、早速車を使って団体の施設へと移送されることになりました。保護時も特に暴れる様子はなく、おとなしく車に乗っていたようです。

施設に到着した猫は、まず施設と協力関係にある獣医さん「エド・シーハン」先生に診察をお願いすることに。すると、この猫はすでに15歳の高齢猫であることが判明したのです。

とても長い間、1匹で路上生活をしていたのでしょうか。施設のスタッフによると、この高齢猫は、施設にやってきた当初から人懐っこく、どうやら人間の愛情を欲しているようだったと言います。

実際、路上生活をしていた猫にしては、人間に慣れており、人懐っこい様子を見せています。もしかすると、高齢になったからという理由で捨てられてしまったのかもしれません。

診察してくれたエド・シーハン先生のお家へ

先生とバーナビー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=aNrCISIWDFw

施設で猫を診察してくれたエド・シーハン先生は、高齢猫に運命を感じたのでしょうか。診察が終わると自分の家に連れて帰ることを決め、一緒に帰宅したのだそうです。

シーハン先生のお家に到着すると、早速高齢猫用の栄養たっぷりのキャットフードを与えられた猫ちゃん。高齢猫は「バーナビー」という名前をもらい、毎日ご家族から愛情を受けて生活していたようです。

もともと人懐っこい猫だったこともあり、環境への適応能力も高かったのでしょう。

女性の膝で甘える猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=aNrCISIWDFw

バーナビーは、シーハン先生のご家庭の環境にも慣れ、ご家族にも甘える様子を見せるようになりました♡

やはり、もともとは飼い猫だったのかもしれません。とても人懐っこく、家族もバーナビーをとても可愛がっているのだそうです。

体力や体調も少しずつ回復中♡

バーナビー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=aNrCISIWDFw

獣医であるシーハン先生のご自宅でお世話されているということもあり、ガリガリに痩せ細っていたバーナビーは、どんどん体重が増加。あっという間に元気いっぱいに回復したと言います。

また、バーナビーは15歳の超高齢とは思えないほど活発な性格だと言います。また、性格がとても個性的だそうで、それもまた家族を魅了しているのだとか♡

すでにご自宅でリラックスしている様子のバーナビーを見ると、シーハン先生にはもちろん、シーハン先生のご家族にもたっぷりと愛情を注がれていることがわかりますね!

先生とバーナビー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=aNrCISIWDFw

高齢で路上生活を送っていたバーナビー。もちろん、この後はシーハン先生のご家庭に引き取られ、永遠に安心して暮らせる幸せな生活を手に入れることができましたよ♪ぜひ、動画でも幸せそうなバーナビーの様子をご覧ください!

※掲載YouTubeチャンネル:Sheehan Veterinary Centre

Sheehan Veterinary Centre

▼▼ YouTubeチャンネル『Sheehan Veterinary Centre』はこちら ▼▼
https://www.youtube.com/channel/UCMXPKqgDwI-UAOX0l1w-3aw

こんな記事も読まれています

みんな違って当たり前!大切なことを教えてくれる保護猫『スマッシュ』障害があっても幸せ!【感動】

『ボクを連れて帰って!』大声で助けを求めた子猫は自力で幸せを掴む!

Comment