網膜の一部が飛び出す「チェリーアイ」を患った野良犬を”チーズバーガー”で捕獲!!

感動

今回、保護団体『Hope For Paws』が受けた依頼は、家屋の床下を棲家としている野良のコッカースパニエルです。最初は警戒していたコッカースパニエルでしたが、食べ物を与えると嬉しそうに夢中になってパクパクと食べ始めました!しかし、その後、ある病気を持っていることが発覚したのです。

家屋の床下に棲みつくコッカースパニエルを保護

うろつく犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=fOliZ3Dp9gA

保護団体『Hope For Paws』に家の床下に野良犬がいるとのメッセージが入りました。早速、連絡をくれた家主に話を聞きに行くと、1ヶ月程前から家の近所をうろうろと歩き回っている姿が目撃されていたのだと言います。

その話を聞いて、Hope For Pawsのメンバーは周辺を捜索してみます。すると、すぐに周辺をうろつくコッカースパニエルの姿を発見しました!

どうやら人間に対して警戒心を持っている様子のコッカースパニエル。近づくと、そろそろっと車の後ろへと隠れるように移動してしまいます。

捕まる保護犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=fOliZ3Dp9gA

しかし、車の後ろからどうにかスタッフの横を走り抜けようとしたコッカースパニエルに、素早くワイヤーリードをかけ、捕えることに成功!コッカースパニエルは、保護されたくないようで激しく抵抗し始めました。

そこで、リサさんはコッカースパニエルを落ち着かせ、少しでも友好関係を築くために、いつも使っているチーズバーガーを与えることにしたのです。

食べ物をもらう犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=fOliZ3Dp9gA

すると、さっきまでの警戒心はどこへやら!パクパクと美味しそうにチーズバーガーを食べ始めました♪

撫でられる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=fOliZ3Dp9gA

まだ少し緊張している様子でしたが、触ることも許してくれるようになり、普段保護時に使用している赤いリードを装着し直すことに成功しました。これで彼の依頼は完了です!

「離れたくない」とちょっぴり駄々をこねる様子も

移動したくない犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=fOliZ3Dp9gA

リードを装着し、少し緊張をほぐすことができたHope For Pawsでしたが、いざ保護して施設へと連れ帰ろうとしたところ、コッカースパニエルはその場所から移動することを拒否しています。

地面に座り込んでしまい、「いやいや」と言うようにその場を動こうとしません。この場所がよほど気に入っていたのでしょうか。または、犬の本能として縄張り意識があるのでしょうか。

車に乗る犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=fOliZ3Dp9gA

メンバーは無理やり連れて行くことはせず、しばらくその場に居座った後、そっと抱きかかえて車へと移動します。車へとやってきたコッカースパニエルの様子を見ると、すでに気持ちが落ち着いているようにも見えます。

どうやらコッカースパニエルが離れがたい様子を見せている間に、名前も決めたようです。つけてもらった名前は「アモス」。この子に似合う名前ですね!

病院で診察してもらうと「チェリーアイ」であることが判明

診察してもらう犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=fOliZ3Dp9gA

まずは汚れた体をケアするために病院へ。病院へ着くと、体を綺麗に洗ってもらい、清潔な体で美味しいごはんももらいましたよ!アモスはこの時点でとてもご機嫌♪

診察の結果、アモスは「チェリーアイ」と呼ばれるコッカースパニエル犬種によく見られる目の瞬膜のが飛び出す症状を発症していることが発覚しました。

そこで数日後、去勢手術と一緒にチェリーアイも手術してもらい、無事に治してもらいました!これでアモスは完全復活です♡

楽しそうなコッカースパニエル

この動画が投稿された当時、チェリーアイも治療が完了したアモスは、一時預かり施設でのびのびと楽しく生活しながら、里親さんを待っている状態でした!この動画は2016年に投稿されたものなので、きっとすでに素敵な里親さんのお家でセカンドライフを満喫していることでしょう♪

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

置き去りにされたのに「飼い主は帰ってくる」と信じて待つ犬。逃げ惑うところをなんとか保護成功

『この子を助けて!』野良猫のママがER(緊急治療室)に子猫を連れてきた!

Comment