『5本の足を持つブルドッグ』シャネルの名前の由来はシャネルの5番からとられている

驚き

カリフォルニア州サクラメントで育てられているブルドッグの子犬は、初めは尻尾が2本あると思われていたが、専門家が調べた結果、尻尾ではなく5本目の脚だとわかった。

尻尾が2本? いいえ、脚が5本

あるブルドッグの女の子がカリフォルニア州サクラメントを拠点とするNorCal Bully Breedのレスキューで育てられています。

出典:https://metro.co.uk/2021/08/26/puppy-believed-to-have-two-tails-actually-has-a-fifth-leg-and-foot-15156659/

この子は尻尾の横にもう1本尻尾のようなものが下がっていたので、はじめは尻尾が2本ある子犬だと思われていました。けれどもレスキューの獣医が調べたところ、「尻尾のようなもの」の中に足のくるぶしの骨と足首の骨があったので、この子犬は5本の脚を持っていることが確認されました。脚の先には小さな足がついていて、3本の指と3つの肉球があります。

シャネルの5番

この子はシャネルと名付けられました。5本目の脚は「シャネルの5番」というわけです。

養育担当のスタッフによれば、シャネルは動物病院から引き渡された子犬で、飼い主や親は不明だそうです。獣医が5本目の脚をどうするかはまだ決まっていませんが、シャネルが動くときに邪魔にならない限りはそのままにしておくだろうということです。シャネルはそのままでとても可愛い子です。
シャネルの動画がソーシャルメディアに投稿されるや否や人々の心を奪い、今の視聴数は800万を超えています。

@norcal_bullybreed_rescue It’s true, she has 5 legs. 😍#fyp #fypシ #foryoupage #5legs #puppiesoftiktok #norcalbullybreedrescue #viral #dogsoftiktok #🐾 ♬ original sound – NorCal Bully Breed Rescue

こんな記事も読まれています

「うちの子よりお利口さかも!?」ベランダの扉を自分で閉めるワンコに称賛の嵐

『この子を頼みます』ママ猫さんが仲良しの人間に我が子を託す!

Comment