「冷蔵庫に遺体」があるほどの劣悪な環境!60頭以上の犬たちを飼育崩壊現場から救出

悲しい

アメリカ・テネシー州の多頭飼育崩壊の家に、警察の家宅捜索がはいります。動物愛護団体The Humane Society of the United States (HSUS) が同行し、60頭以上の犬と動物たちを保護しますがそこには想像を絶する光景が…

劣悪すぎる環境下で暮らしていた動物たち

荒れた室内

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

アメリカ・テネシー州の一軒家で、60頭以上の犬と猫やヤギなどの動物が飼われていました。

多頭飼育崩壊により、飼育放棄された動物たちを救うため、地元の警察と共に動物愛護団体The Humane Society of the United States (HSUS) が同行します。

部屋の中は荒れ果て、ケージの中には犬たちの姿が。

冷蔵庫を見て泣き出す女性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

部屋の冷蔵庫を開けてみると、そこには押し込められた犬の遺体が…。

HSUSスタッフは思わず泣き出してしまいます。

泣く女性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

これまでも、さまざまな現場でレスキュー活動を行っているHSUSのスタッフですが、こうした犬の亡骸を見るのは慣れていても、怒りや悲しみなどさまざまな思いがこみ上げてくるのでしょう。

隙間にいる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

室内、室外の至る所に、体に便や尿がこびりついた犬たちがいます。

飼育放棄によって食事も与えてもらっていないため、簡易の医療検査で栄養失調や脱水、貧血が確認されました。

ケージに入れられている犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

HSUSスタッフは、「ここは恐怖の館です。」と言います。

家の中はまるで迷路のように板で仕切られており、ドアを開けるたびにボロボロの犬や猫の姿がありました。

バスルームは足の踏み場もないほど糞尿にまみれ、呼吸をするのも困難な状態です。

生き残った犬たちを解放へ

女性スタック

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

HSUSスタッフは涙を浮かべながら言います。

「ここから解放してあげられるのはとても嬉しいことです。でも、この状況を直視しすることは精神的に辛いです。」…と。

口をぷくぷくさせる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

ほっぺをプクプクさせながらカメラを見つめ、しっぽを振る犬。

恐らく肺炎を患っていると考えられます。

抱っこされる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

ケージが開けられた瞬間に飛びつき、喜んでいる犬。抱っこされてもしっぽの動きは止まりません。

救出された犬たちはみんなしっぽを振っており、どんなに愛情に飢えていたかがよくわかります。

保安官

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

保安官は、「今回摘発できて良かったですが、もっと早く踏み込むことができたらもっと良かったと思います。」と言います。

普通の一軒家の中でどのようなことが起きているかはわかりにくく、発覚しにくいのが現状なのかもしれません。

診察を受ける犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

救出されたその場で、1匹1匹簡易検査を受けます。

多くの犬が栄養失調でしたが、今回の救出によって命をつなぎ、新たな犬生を歩みだすことができそうです。

女性スタッフ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=BbhpbztdHUg

最初に冷蔵庫を開け、泣き出してしまった女性スタッフは最後にこう言います。

「この現場のことは決して忘れることはできません。人知れず苦しんでいる動物たちがいる限り私たちの活動は続きます。」…と。

劣悪な環境の中、しっぽを振ってスタッフたちを迎える健気な犬たちの姿を実際に動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援に繋がります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
動画制作者:Humane Society of the United States
掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

こんな記事も読まれています

【危険】猫も日焼けは絶対ダメ!!日光のせいで片目と耳を失った保護猫

僕たちは決してゴミなんかではない!ゴミ捨て場に捨てられていた子猫を保護してくれたマミーに称賛の声

Comment