【後編】コロナ禍で失業と不幸が重なりペットを飼えなくなってしまった…その行方は

ごはんを食べる猫たち 悲しい

コロナ禍で失業やさまざまな不幸が重なったことで、ペットを飼えなくなってしまった飼い主さんのお父様からのご相談。相談の結果、この家で飼われていた7匹の猫と1匹の犬は『にゃいるどはーと』さんで引き取ることになりました。今回は、保護時の様子をご紹介します。

前編の簡単なあらすじ

猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=XJGYizCGaMI

前回の記事では、なぜ7匹の猫と1匹の犬を飼えなくなってしまったのか、その経緯をご紹介しました。

ご相談者の息子さんとその彼女さんが飼っていた動物たち。しかし、息子さんはコロナ禍で失業し、彼女さんは服役中、さらに息子さんが脳梗塞で倒れて入院したため、お世話する人がいなくなってしまったのです。

ペットを飼っている人ならば、他人事ではありません。いつ自分に「もしも」が訪れるかわからないのです。そのため、事前にもしも自分に何かが起こった時の対応を考えておき、頼れる人に伝えておくことが大切だというお話をご紹介しました。

まずは子猫から保護…犬は最短翌日保護!

子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=XJGYizCGaMI

今回、引き取る頭数が多いため、一気に保護するのではなく、少しずつ保護していくことになりました。そこで、まず最初に子猫を保護し、犬は最短で翌日、トリミングをして初期治療やワクチンを打ち、保護することに。成猫たちは、その後順番に保護していく予定だそうです。

ごはんを食べる猫たち

出典:https://www.youtube.com/watch?v=XJGYizCGaMI

子猫を保護する前に、まずは空っぽになったごはん皿にごはんを入れていきます。相当お腹が空いていたのでしょうか。ごはんを入れた瞬間、猫たちが一斉にごはん皿へ飛びつきました!

子猫もよほどお腹が空いていたのでしょう。夢中になってがっつくようにごはんを食べています!

保護するまでは、飼い主のお父様が毎日来てごはんやお水の取り換えをしてくださっているようです。しかし、これほどがっつくようにごはんを食べているということは、1日1回では食欲旺盛な猫ちゃんたちには足りないのでしょう。

にゃいるどはーとさんも「早いとこ保護しちゃいます」と再び保護に意欲を見せてくださいました!

1日目は子猫をレスキュー!

バッグに入る子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=XJGYizCGaMI

そして、この日は子猫を救出することにしていたにゃいるどはーとさん。まずはキャリーバッグに子猫を入れ、連れて帰ることに。

キャリーバッグに入れられた子猫を見て、どことなく不安そうな表情を見せる猫たち。どうやら彼らの絆はとても深いようで、ちょっぴり心配そうです。大丈夫。みんなすぐに保護してもらえるからね!

翌日、ダックスフンドも保護!そして改名♪

トリミングサロンのダックスフンド

出典:https://www.youtube.com/watch?v=PsdWQQ-EUvU

翌日、再びにゃいるどはーとの東江さんは、ダックスフンドのゆずちゃんを保護しに再訪問しました。もともと人懐っこく、東江さんにも懐いていたため、保護は順調に完了し、そのまま予約していたトリミングサロンへ♪

また、ゆずちゃんは心機一転の意味を込めて「チョコらぶ」という可愛らしいお名前をもらいました!改名です。にゃいるどはーとさんによると、正式名は「チョコ・らぶ美」だそうですよ!

スッキリした後は、にゃいるどはーとのメンバーの方のお家で、一時的に預かってもらうことになりました!そのお家では、以前保護した猫ちゃんたちが暮らしているため、一緒に生活することになります。

チョコらぶちゃんは、一時預かりのお家で楽しそうに暮らしています。引き続き、成猫たちの保護を行うということです。

成猫たちの保護は一苦労!そのまま病院へ

2匹目を保護

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QJZBSljseDs

子猫はすんなり保護させてくれましたが、成猫はそうはいきません!また、成猫は全部で6匹いるため、時間もかかります。にゃいるどはーとさんが保護しようとすると、とにかく素早く部屋中を逃げ惑う猫たち…やはり、一筋縄ではいかないようです。

洗濯ネットを使い、部屋中を探し回るにゃいるどはーとの東江さん。5頭目まではなんとか探し回り、ひょっこり出てきたところを捕獲するなど苦労しながらも保護することができました。

冷蔵庫を動かす

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QJZBSljseDs

しかし、最後の1匹は、とにかく逃げ回る!冷蔵庫の裏に隠れてしまったため、冷蔵庫を動かす重労働に…!しかし、それでも出てこないため、冷蔵庫の脱出ルートにトラップを仕掛け、出てくるのを待つことに。

全頭保護完了

出典:https://www.youtube.com/watch?v=QJZBSljseDs

しばらくしてにゃいるどはーとさんがポンと後ろから合図を出すと、そのままトラップのケージに入ってくれました!これで全頭保護完了です!本当にお疲れ様でした。

成猫を病院へ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Q9pLHYVS01E

保護した6匹を連れて病院へ。

想像以上に診察台の上で大人しくいい子に受診してくれました♡元々、みんな人懐っこい子ばかりだったのかもしれませんね!

受診の結果、オスが2匹、メスが4匹であることが判明。さらに去勢手術していたのはオス1匹のみで、もう片方のオス、そして4匹のメスは未手術だと言います。

オスメスで飼っている場合、きちんと避妊・去勢手術をしていなければ、限度なく子猫が生まれてしまう可能性があります。そのまま放置されていたら、もしかするとより多くの猫が生まれていたかもしれません…。

幸い、検査の結果、猫エイズや白血病の検査は全頭陰性でした!これからは清潔な場所で幸せに暮らしていけると良いですね。

ケージに入る猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Q9pLHYVS01E

今回、不幸が重なったことにより、全頭にゃいるどはーとさんによって保護されました。しかし、もしもあのまま放置されていたらと思うと、ゾッとします。猫や犬を飼うということは、命の責任を預かるということ。猫や犬を飼う際は、必ず最期まで責任を持ち、もしものことも考えて行動することが大切です。

前回の記事を見たい方はこちら

※こちらの記事は情報掲載者より許可を得て掲載しております。
掲載者名:NPO法人 にゃいるどはーと

NPO法人 にゃいるどはーと

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://nyaild-heart.shimakaji-mama.com/

▼▼ 公式Facebookはこちら ▼▼

特定非営利活動法人にゃいるどはーと-240983279643560/

▼▼ 公式Twitterはこちら ▼▼
https://twitter.com/satoshirumi

こんな記事も読まれています

公衆トイレに犬が置き去りに!?飼い主が残した置き手紙の内容を見て考えたい「命をお迎えする事」

『ご飯じゃなくて愛が欲しい』アパートの地下で20年も孤独に生きてきた老猫に【光と愛】のある生活を

ごはんを食べる猫たち

Comment