大ケガをして【3本足】になっても元気に走り回る犬の姿に胸が熱くなる

悲しい

保護されたとき、後ろ足に大ケガを負っていた犬。骨折をしていたため手術をするも、骨髄炎で断脚することに…。それでも活き活きと今を生きる犬の姿をご覧ください。

足を失っても命の輝きは失われない

犬の顔のアップ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8u67a0AM9U8

どういう状況で保護されたのか経緯は明らかにされていませんが、『リオ』は保護されたとき、後ろ足のももの骨が折れ、傷口がパックリ開いた状態でした。

傷口からは折れた骨が露出しており、病院ですぐに処置が行われます。

抱っこされる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8u67a0AM9U8

リオの足の状態は悪く、病院ではリオの骨折を治す手術が行われました。

レントゲン写真

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8u67a0AM9U8

リオの足には金属プレートが入れられ、折れた骨を元の位置で固定します。

手術は成功したかのように思われましたが、傷口から骨が露出していたことによって組織が細菌感染しており、骨髄炎を発症してしまいました。

リオの手術は数回に及び、さまざまな治療も行われましたが、このままでは命すら危ぶまれてくるため、足を温存することは断念。

手術される犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8u67a0AM9U8

断脚手術が行われたのです。

手術は無事成功!

スタッフとキスする犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8u67a0AM9U8

リオは長い間病院にいたので、スタッフとも仲良し!

3本足の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8u67a0AM9U8

すっかり回復したリオは、スペインからアメリカのニューヨークの里親さんの元に旅立つことになりました。

2匹の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=8u67a0AM9U8

ニューヨークで新たな犬生を歩み始めたリオ。

先住犬のビーグルともすぐに仲良くなり、元気に走り回っています。

動画の後半では、永遠の家族の元で幸せに暮らす、3本足のハンデを感じさせない元気いっぱいなリオの姿が…!

ぜひ、幸せいっぱいなリオの様子を動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

こんな記事も読まれています

許せない!!”飼い犬に水をかけて凍死させた飼い主”が保護ボランティアに告訴

エアガンで”18回”も撃たれた子犬。奇跡的な回復を果たす

Comment