「ウクライナにいる動物たちの命を救うために」保護団体から緊急の呼びかけ

感動

ロシアの侵攻で、ウクライナの動物たちは命の危機にあります。ペットや家畜、動物園の動物たちなど、保護や世話が必要な生き物は無数に上ります。保護団体では、世界中の人々に緊急援助と協力を呼びかけています。

動物のため緊急援助を

みなさん! わたしの名はサンディ・シーリンです。「レッド・シェッド」(動物版の「赤十字社」のようなものです)で活動しています。

出典:https://www.boredpanda.com/urgent-appeal-for-animals-in-ukraine-red-shed/

ウクライナで起きた戦争で、数多くの動物たちが保護施設や救護センターなどに移されて、援助が必要な状態になっています。ウクライナ国内全域にいるこうした動物たちのために、手を貸してくださる方々を緊急に求めています。

援助していただきたいのは、次のような項目です。

1.危険地域からの退避を手伝ってくださる方々。幸いなことにルーマニアやポーランド、ハンガリーは難民だけでなく避難してきた動物へも門戸を開いています。動物の避難は決してたやすいことではありませんが、ぜひ手を貸してください
2.餌と水の確保。戦争開始当初はペットフードの在庫がまもなくなくなるという情報でしたが、まさに今がその状況です。ドライフードでもウェットフードでも、ミックスでもいいのです。それから動物のためのきれいな飲み水が必要です
3.一時避難シェルター。国境にあるシェルターには必ずしも必要な医療設備がなく、戦争で傷を負った動物たちの治療ができません。どの動物も受け入れられるような大きい一時避難シェルターがぜひ必要です。そこではじゅうぶんな寝床や毛布、予備の部屋も必要なのです
4.医療資源。多くの動物が戦闘でケガをしていたりして、治療が必要です。このためには獣医や保護活動を手伝ってくれる方々、動物福祉の専門家の協力が必要なのです

援助は急を要します。動物たちはとても怯えていて、わたしたち人間は、何が起きているのか説明することもできないのですから。できるのは、より多くの人々の協力で動物たちに餌を与え、シェルターに移し、避難させ、治療を施すことなのです。あなたも協力できるのでしたら、ぜひお願いします。自分ではできなくても、できるだれかにこの情報を伝えてください。

動物保護活動を理解してほしい

今まで援助してくださったみなさん、本当にありがとうございます。そのおかげで、ずいぶん助かっています。

出典:https://www.boredpanda.com/urgent-appeal-for-animals-in-ukraine-red-shed/

「レッド・シェッド」(参照先:https://projectredshed.com/)は、動物保護活動について広く知ってもらおうと取り組んでいます。単に動物を保護して餌や水、寝る場所を与えるだけではありません。もちろんそれは大事なことですが、動物には個性があります。なかには長期にわたって戦争などのトラウマに苦しむ動物もいるし、日々の世話に追われる保護施設では受けられないような医療が必要な動物もいるのです。戦争の後遺症は多くの動物たちにも影響を与えます。生活が激変し生息区域や環境が変わってしまうのですから。

「レッド・シェッド」がめざしているのは、次の3つです。

1.動物保護とその後の世話に、どれだけの人的資源が必要かを、広く知ってもらうこと
2.それぞれの動物に適切なケアを行うのがどれほど大変なことであるか、人々の荷に理解してもらうこと
3.生存に必要な当初のケアと、その後の長期にわたる対応がともに必要であることを知ってもらうこと

みなさんもぜひ救助活動に協力してください。

動物それぞれの個性に応じた対応が必要

出典:https://www.boredpanda.com/urgent-appeal-for-animals-in-ukraine-red-shed/

「レッド・シェッド」ではまた、緊急動物保護活動の必要性や運営の仕方を、みなさんに知ってもらいたいと考えています。それぞれの動物には個々の対応が必要です。人間と同じように、保護されてストレスを感じている動物もいるし、新しい環境にうまくなじんで適応できる動物もいます。

動物保護施設やシェルターを運営するのは困難な仕事です。重要になるのは、どれだけ人的・金銭的・設備的な資源が確保できるかということです。これに加え、個々の動物に何が必要かを判断する適切な手順を明確にするのも大事になってきます。

たとえば新しい飼い主を探す仕事は、人間と動物の双方の相性をしっかり確認しなければ成功しません。施設で働く仕事の場合は、移送によって動物たちが受けた精神的な影響を緩和するため、できるだけ自然な環境を整える努力が必要になります。

動物のために頑張る人々

活動の例をご紹介しましょう。

出典:https://www.boredpanda.com/urgent-appeal-for-animals-in-ukraine-red-shed/

ウクライナ動物園では、動物たちを避難させ、新しい環境に置くことになりました。日常生活が変化したので動物たちにとってはストレスです。アンドレアス・チステルニーノさん(写真)は400匹の動物たちをシェルターに残して、自分だけ避難することを拒否しました。わたしたちは彼を援助しています。

動物保護活動をする人々は、すばらしい方ばかりです。動物のために労を惜しまず、長時間働きます。動物たちが幸せに過ごせるようにという、強い責任感があるのです。

出典:https://www.boredpanda.com/urgent-appeal-for-animals-in-ukraine-red-shed/

ウクライナのほかポーランド、ハンガリー、ドイツなどの周辺国で保護活動に従事する人々は、保護した動物たちをよく世話し、新しい住まいを見つけてあげています。でも国境を越えて避難してくる動物たちは跡を絶ちません。こうした人々は24時間体制で働き続けているのです。

コロナ禍の影響もあって、多くの動物保護施設は手一杯の状態が続いていましたが、今回の戦争で一段ときびしい状況になっています。幸いなことに、ウクライナ国境周辺の国々は必要書類などがなくても動物たちの受け入れを認めています。これはよいニュースで、おかげで迅速な移動が可能になりました。

出典:https://www.boredpanda.com/urgent-appeal-for-animals-in-ukraine-red-shed/

動物保護に従事する人々は、この困難の中でもすばらしい仕事をしています。こういう人々を支援するのが、わたしたち「レッド・シェッド」の役割なのです。わたしたちの団体は、こうした人々が餌や水、寝床や医薬品を買うための資金を提供しています。

世界中にはこの戦争に心を痛めている人々が多いことでしょう。自分には何もできないと残念に思っているかもしれません。でもあなたの援助が、戦禍での動物保護には力になるのです。

人々はこんな感想を寄せています

・どうやったら寄付できるのですか? ウクライナに置き去りにされたペットを一軒一軒探してくださいますか。飼い主が避難してしまって残されたペットの気持ちは、どんなにつらいでしょうか

・かわいそうな動物たち。勇敢にも救ってくれる人々がいるのをうれしく思います

・きのう移送されてきた犬2匹を、里親として預かりました。勇敢な動物たちです。飼い主もペットたちも、この状況を生き抜けるよう望んでいます

もっと画像を見たい方はこちら

出典:https://www.boredpanda.com/urgent-appeal-for-animals-in-ukraine-red-shed/

こんな記事も読まれています

幼すぎて母性が未熟な猫「子猫」出産しサポートを受けながら母猫となる

『お前に私が飼えるのか?』コミュ障、世界最恐の猫として紹介されたパーディータ様が大人気

Comment