排水管から『助けを求める子猫の声』が。保護団体と一般市民が協力して救出!

感動

ロサンゼルスの保護団体『HOPE FOR PAWS』の元に、マンホールから子猫の助けを求める声がすると通報が入ります。排水管の中に取り残されていた子猫を救うために多くの人が協力し合いました。

大きな声で助けを求める子猫

マンホール周りの人

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

地面から子猫の助けを求める声が聞こえてくると通報があり、HOPE FOR PAWSが現場に向かいます。

現場に到着すると、マンホールの蓋を開け心配そうにのぞき込む人たちの姿が…。

排水管の奥にいる子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

どうやら、横に伸びた排水管の中に子猫がいるようです。

狭い排水管のため、入っていくことができません。

穴から出てくる子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

そこで、YouTubeにある子猫の鳴き声を聞かせてみると…

子猫は鳴き声に反応し、穴から出てきて一生懸命に声を張りあげて鳴いています。

「ママどこ?!パパどこ?!助けて!」

用意していた食べ物にも反応せず、穴の中に入って行ってしまいます。

新しい作戦を

イラスト

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

そこで考え付いたのが、子猫の鳴き声を聞かせ出てきたところを網ですくうというものでした。

ネットにビックリする子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

作戦実行!子猫が鳴き声につられて穴から出てきたところで、網を下ろします。

子猫はびっくりして飛び上がってしまいました。

穴の中に戻りたくてウロウロしますが…

子猫を掴む手

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

子猫の動きがゆっくりになってきたところで、上から手を伸ばして掴み上げます。

作戦通りではありませんでしたが、子猫を無事に保護することができました。

抱っこされる子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

子猫を掴み上げたのは、連絡をくれたオスカーさん。

オスカーさんの温もりに安心したのか、子猫はおとなしく抱かれています。

保護団体と一般市民の協力によって、子猫の救出は完了しました。

子猫は『タコ』と名付けられ、そのまま病院に直行です。

診察される子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

身体検査を受けるタコ。獣医師が「男の子だわ」と言うと、返事をするかのように「にゃー」と鳴いてくれます。

体を拭いてもらい、ご飯もしっかり食べたタコはすっかり安心したようです。

遊んでいる子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=e5JvNpUcblA

2日後にはじゃれて遊ぶ余裕まで!

この後、タコは一時預かり施設で里親さんを待つことになります。

きっとタコにはすぐに素敵な家族がみつかるでしょう。

タコの様子を実際に動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援に繋がります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

歩行器を使って自由に歩けるようになった『子猫』嬉しそうな姿に【感涙】する人続出!

【驚き】行方不明の「アヒルの子」育てていたのは「猫のお母さん」

Comment