【自然の脅威】厳しい自然を生きる野生動物たちの驚きと感動の写真10枚

感動

私達が暮らすこの地球は人間だけのものではありません。この素晴らしい惑星に生きるすべての命あるものの為に人類は先頭に立って歩んで行きたいものです。

今回ご紹介するのは、そんな自然界に目を向け、2021年世界自然写真賞を受賞した素晴らしい映像の数々です。1枚の写真に広がる物語を感じていただけたらと思います。

自然界の威厳と不思議にスポットライトをあてて。

厳しい自然をありありと写した写真

1.吹雪の中で

自然と生きる

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229b3bf77ff4__880.jpg

アイスランドでのホッキョクキツネの画像です。過酷な吹雪の中を進むキツネとこの撮影者もその環境を共有していたのでしょう。

しかし、当のキツネは寒さに圧倒的に強く、-70℃の世界でも少し寒がる程度だそうです。保護活動のかいもなく絶滅寸前状態で成獣は120匹にすぎません。

2.恐怖

恐怖

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229aecd9e825__880.jpg

これははく製のワニではありません。正真正銘の生きているワニです。ってことは、撮影者はどこに?

撮影状況が詳しく書かれていないので、あくまでも想像の域を脱しませんが、いずれにしてもとても恐ろしいですよね。常人には真似できません。いや、真似しないでください。

3.神のみぞ知る

神のみぞ知る

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229b248a32ae__880.jpg

今回金賞を受賞した画像です。場所は、南極付近の浅いラグーンで、アザラシとペンギンの貴重な写真です。

アザラシは、ペンギンを何度も捕まえては、離しを繰り返していましたが、そのゲームは長く続かなかったそうです。それも自然の摂理です。

4.激流

激流

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229b1e47fc55__880.jpg

ケニアの国立保護区で撮られた画像です。獲物を捕獲する為に氾濫している激流を渡る5匹のチーター。

無事に対岸に着くことは出来ましたが、それは本当に危険と隣り合わせでした。なんとこの川にはチーターを捕食するナイルクロコダイルが生息しているのですから。

5.別世界

別世界

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229b0aebe22b__880.jpg

これはもう芸術と言うしか言葉が見つかりません。赤アリが作り出した芸術を人間が代弁して、世界に発信しました。

最前列のアリが水の障害物に遭遇すると、直観的に自分の体でアリの橋を形成する特技があります。それが水面に映って、まるで合わせ鏡です。

日常生活では決して見ることができない姿

6.サバイバル

サバイバル

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229b2c165c7d__880.jpg

群れを繁殖させる為に戦うゾウ。基本的にゾウは無駄な戦いはしませんが、これは唯一大事な行為なのです。ゾウは群れで移動し、子供を中心にして肉食動物に襲われにくいフォーメーションを作ります。

動物にはまだ解明されていない不思議な行動が多々ありますが、鏡に映った自分の姿を自分だと認知できる数少ない動物がゾウなのです。

7.1粒のいのち

1粒のいのち

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229b6a61de29__880.jpg

インドネシアの検疫センターで損傷した腕の骨を固定する手術を受ける生後3か月のオラウータンの赤ちゃんです。

彼女をペットとして飼っていた人から保護し、3時間にも及ぶ手術が行われました。こんなにたくさんの愛情あふれた手が彼女を見守ってくれています。野生動物をペットにしてはいけないのです。

野生動物たちの生活環境が変わらないようにするのも私達人間の使命です。

8.都会のクジラ

都会のクジラ

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229bb49399af__880.jpg

すぐ鼻先にニューヨークのダウンタウンが見える海域で、ザトウクジラが目撃されるようになりました。これは、何を意味するかと言うと。ここ数年、水質対策と保全活動がその効果を表し始めている証拠です。

ザトウクジラは、歌を歌うクジラとしても知られています。その曲は、数分から30分以上続き、何度も繰り返すこともあります。その合唱が聞ける日が待ち遠しいですね。

9.川の主

川の主

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229ac87bc64c__880.jpg

川面にたたずむオスのオラウータン。ここからは俺の領地だと言わんばかりにリンと立っている姿がりりしいですね。

ご多聞にもれず、彼らの生活環境も年々変化し、アジアの熱帯のみの生息となっています。オスの顔の両側にある出っ張りはフランジと呼ばれ、強いオスの印なのでこのオラウータンも相当強そうですね。

10.白銀の世界

白銀の世界

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/03/world-nature-photography-awards-winners-2021-6229abae8b82b__880.jpg

現在絶滅危惧種に分類されているホッキョクグマは、地球温暖化の影響を一番受けているといっても過言ありません。北極圏の温暖化により海氷が減少し、餌が取れる時間が減り、体重減少がおこり、餌の無い期間が生き残れない。2100年までにはほぼ絶滅するとまで言われています。

この画像を見るととても小さく見えますが、オスの実際体重400キロ、メスの200キロ前後です。しかし、環境の変化の影響で体重の減少が見られています。

いかがでしたでしょうか? このコンテストに応募された作品はどれも私達が実際に見ることの出来ない貴重な画像ばかりで、その素晴らしさに感動を覚えましたが、その写真が映し出している姿の奥に広がる様々な問題を考えずにはいられませんでした。

世界自然写真賞の創設者もそのコメントの中で、”この壊れやすい惑星を守るためにあらゆることをやる気にさせることが出来る”と語っています。

もっと画像を見たい方はこちら

こんな記事も読まれています

穴に隠れていたのは野良犬【8つ子】ちゃん!警戒心MAXから仲良しになるまで

「壁と壁の間」に隠れていた小型犬。あまりの狭さにレスキューも一苦労

Comment