まるで”リアルピカチュウ”な山の動物「ナキウサギ」のかわいい画像10選

見つめ合う2人 かわいい
https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/Ive-Spent-Endless-Hours-Working-To-Capture-Images-Of-The-American-Pika-Year-Round-In-Their-Mountainous-Homes-Here-Are-Some-Of-My-Favorites-621cd21c29426__880.jpg

”ナキウサギ”この名前をお聞きになったことはございますか。文字通り高い警戒音を出して鳴くウサギなのですが、実物は限りなくハムスターに似ている小動物です。

和名では、ナキウサギ。英名では、Pika。あれ、どこかで聞いたことのあるような名前です。ピカ。もしかしたら、あのピカチュウのモデルがこのナキウサギかもしれません。今日ご紹介するのは、アメリカ在住のピカチュウです。その可愛い姿をご堪能下さい。

かわいいリアルピカチュウたち

1.ゴールデンアワー

ゴールデンアワー

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/AmericanPikaInGold-621ccfd0a80d4__880.jpg

標高3800メートルのナキウサギ。ゴールデンアワーの日差しを浴びて黄金に光っています。

氷河時代から生息していると言われ、生きた化石とも呼ばれることもあります。標高が高い所に生息し、警戒心が強いので、彼らに出会えるのは奇跡に近いのです。

2.備蓄倉庫

備蓄倉庫

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/Ive-Spent-Endless-Hours-Working-To-Capture-Images-Of-The-American-Pika-Year-Round-In-Their-Mountainous-Homes-Here-Are-Some-Of-My-Favorites-621cd1bf37603__880.jpg

冬眠はしないのですが、何しろ高地に住んでいる彼ら、冬の間の為に秋からせっせと冬支度に余念がありません。

1年の内で一番活動するのがこの時期です。そもそも草食なので、集めた草は干し草にして寝床兼食料にします。でも、こんなに小さいんですから集めるのも大変そう。

3.あくび

あくび

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/Ive-Spent-Endless-Hours-Working-To-Capture-Images-Of-The-American-Pika-Year-Round-In-Their-Mountainous-Homes-Here-Are-Some-Of-My-Favorites-621cd154bc7f3__880.jpg

岩の上で日向ぼっこをするのが大好きなんです。現在アメリカでの彼らの生息域の高度は上がっていっており、絶滅に至る可能性もあるそうです。

体長わずか15センチ前後、体重130グラム位の彼らにとって厳しい自然環境が待ち受けています。

4.見つめ合う2人

見つめ合う2人

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/Ive-Spent-Endless-Hours-Working-To-Capture-Images-Of-The-American-Pika-Year-Round-In-Their-Mountainous-Homes-Here-Are-Some-Of-My-Favorites-621cd21c29426__880.jpg

とっても警戒心が強い彼らなので、この画像を超貴重です。中々正面からの顔を見る機会はありません。

お互いに観察しあっているようです。いつもこんなに丸っこい姿をしていますが、ちゃんとしっぽもあるんです。ちっちゃすぎて見えませんが。

5.雪遊び

雪遊び

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/SnowyAmericanPika-621ccfcdd90a8__880.jpg

寒さにめっぽう強い彼らですから雪なんてへっちゃら。気温15度以下でないと生きていかれないので動物園や家庭での飼育は不可能です。

従ってこのような自然の姿を見る方法しかありませんが、それがまた奇跡に近いときています。

美しい自然に溶け込む姿

6.朝日の中で

朝日の中で

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/AmericanPikaExhale-621ccfd38b93d__880.jpg

高地に生息すると言われていたアメリカナキウサギが低地にもその生活域を広げ、温暖化に対応し始めました。

代謝が活発で体温が高く、厚い毛皮が体温の低下を防いでいるので保温力が高く、25℃を超える気温に3日以上の滞在は死を招きます。そんな彼らが低地に居住区を移した理由はいまだ研究中です。

7.一休み

一休み

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/Ive-Spent-Endless-Hours-Working-To-Capture-Images-Of-The-American-Pika-Year-Round-In-Their-Mountainous-Homes-Here-Are-Some-Of-My-Favorites-621cd11e58857__880.jpg

雪のない岩の上にちょこんと座るナキウサギ。いったい何を考えているのでしょうか。

アメリカナキウサギは一時期保護の必要性を却下されていましたが、今ここに来て再度絶滅危惧種に指定されようとしています。

8.孤独を愛す

孤独を愛す

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/Ive-Spent-Endless-Hours-Working-To-Capture-Images-Of-The-American-Pika-Year-Round-In-Their-Mountainous-Homes-Here-Are-Some-Of-My-Favorites-621cd1bcf348f__880.jpg

高山の岩場で単独で生活するアメリカナキウサギが1枚の画像に2匹写っているのはとても珍しい事です。しかも同じ方向を見ているのはなんでなんだろう。その先にあるものは何?

彼らの寿命は4-5年と言われています。何もこんなに厳しい環境で生きていかなくてもいいのに。孤高のナキウサギ。

9.偵察中

偵察中

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/Ive-Spent-Endless-Hours-Working-To-Capture-Images-Of-The-American-Pika-Year-Round-In-Their-Mountainous-Homes-Here-Are-Some-Of-My-Favorites-621cd401d2863__880.jpg

外に出ても大丈夫かな。って確認している赤ちゃんナキウサギ。

地域によって、家族単位で暮らし、餌の収集と見張りを分担する種がありますが、北米のナキウサギは単独性で、繁殖期を除き単独で暮らすそうです。

10.君は誰?

君は誰?

https://www.boredpanda.com/blog/wp-content/uploads/2022/02/Ive-Spent-Endless-Hours-Working-To-Capture-Images-Of-The-American-Pika-Year-Round-In-Their-Mountainous-Homes-Here-Are-Some-Of-My-Favorites-621cd216167f4__880.jpg

ねえ、どこが顔か判らないよ。ちっちゃな手で頭を掻いているナキウサギ君。

最後に1点だけ、ナキウサギ君達の変わった餌の取り方をご紹介しておきましょう。それによって、温暖化する環境に適応していると考えられている重要な行動です。

”自分の糞を食べる行動”イコール食糞と呼ばれます。栄養価の無い苔を食べて、消化途中の苔と胃腸の微生物が混ざり、非常に栄養価の高い糞が排出され、再度それを食べることによってより多くの栄養を取ることが出来る。自然のAIです。

いかがでしたでしょうか? 今回ご紹介したのはアメリカナキウサギですが、日本では唯一北海道でその姿を見ることが出来る可能性があります。余程運が良くなければなりませんが。

ナキウサギ保護の活動も積極的に行われているそうです。

もっと画像を見たい方はこちら

 

 

こんな記事も読まれています

「お願い!お願い!」ごはんが欲しくて”自動給餌器”におねだりする猫ちゃん♡

みんにゃ、どうする?トイレットペーパーの壁に挑戦する猫ちゃん達!果たしてみんな壁の向こうに渡りきれるのか・・・!?

見つめ合う2人

Comment