ケガを負った野良犬は『自分から保護されに』来るほど路上生活に疲れ果てていた

ロッキー 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=3kPjJUE8XrY

通常、野良犬を保護する際は、トラップを使用したり、頑張って信頼関係を築いたりと捕獲に時間を要します。しかし、今回『Hope For Paws』に来た依頼対象の犬は、どうやら路上生活に疲れ果て、保護して欲しがっていたようです。

「もう疲れちゃったんだ」保護してもらいたい野良犬

頭を撫でてもらうロッキー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3kPjJUE8XrY

今回、ロスアンゼルスで保護活動している団体『Hope For Paws』の元に、友人関係である人から怪我をした犬の保護依頼が来ました。こちらの地域では、保護団体同士はもちろん、一時預かり施設や一時預かり家庭、さらには家庭犬の訓練施設に至るまで、保護犬に関わる団体や個人は皆協力し合っていると言います。素敵ですね!

「いざ捕獲へ」と思いきや心配不要だった!

地面で休むロッキー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3kPjJUE8XrY

通常、野良犬を保護する際は、ケージトラップを使用したり、怪我を負う覚悟で捕獲したり、あるいは信頼関係を長い時間かけて築いたりと簡単には行きません。しかし、今回の野良犬は少々様子が違いました。

Hope For Pawsのスタッフたちは、現場へ到着し彼を目にした瞬間、それらの頑張りや捕獲に必要な道具は必要ないと気づいたと言います。なぜならば、ロッキーと名付けられた彼自身が、より安心できる幸せな暮らしを望んでいる様子を見せていたからです!優しく頭を撫でてあげると、とても嬉しそうな安心しきった表情をしてくれるんですよ。

しばらくすると、すでに疲労困憊だったのでしょう。丸くなり、地面に伏せて休み始めてしまいました。よく見ると、皮膚には疥癬(皮膚病の一種)が見られ、さらに他の犬から攻撃を受けたであろう傷が確認されました。大変な思いをしてきたのでしょう。

車に乗り預かり施設へと向かうロッキー

車窓から外を眺めるロッキー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3kPjJUE8XrY

移動するために車へ乗ったロッキー。ようやく安心できたのでしょう。のんびりと車窓から外を眺めています。

長い間、大変な思いをしてきたために路上生活に疲れ果ててしまったとみられるロッキー。車の中から今まで暮らしていた街並みを見て、何を考えているのでしょうか。

一時預かり施設で撫でてもらうロッキー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3kPjJUE8XrY

今回、ロッキーは保護依頼をしてくれた友人関係にある一時預かり施設の元へと預けられることになりました!きっと長い間、ロッキーの様子を見て心配してくれていたのでしょう。

最後に

ロッキー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3kPjJUE8XrY

今後、ロッキーはこちらの一時預かり施設で過ごしながら、新たな家族を待つことになります。ロッキーの幸せは、路上生活から脱出できただけでは終わりません。この動画は2010年に公開されているため、すでに素敵な里親さんに引き取られていることを願います。

動画を見ることは保護活動支援につながります。ぜひロッキーの保護時の穏やかな様子を実際に動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

意外と快適!?木の上から降りられなくなった猫を平和に救助成功♡

社員寮で「猫が殴る蹴るの暴行を受けている」との通報を受けて緊急レスキュー

ロッキー

Comment