「枝にひっかかって鳴いていた子猫」は助けてくれた夫婦の家族になった

感動

枝にひっかかって鳴いている子猫を助けた女性。子猫は逃げずにすっかり落ち着いて、ここが自宅であるかのようにふるまっています。消極的だった夫もすぐに気が変わり、子猫はそのまま家族の一員になりました。

どこからか猫の鳴き声が

https://www.lovemeow.com/kitten-tree-decides-move-couple-2656798899.html

アシュリー・ぺニントンさんが愛犬と散歩をして帰ってくると、どこかで猫の鳴き声がします。あたりを見回しましたが、何もいません。

その数分後にふたたび鳴き声がしました。声はどんどん大きくなります。
「猫がどこかに挟まっているのかと心配になって、庭に出てみました。そこで子猫が木の枝に引っ掛かっているのを見つけたのです」とアシュリーさん。

「すごく小さい猫で、自力では降りられないようでした。だから梯子を持ってきて、助け出したのです」

助けた後も逃げない子猫

注意深く子猫を運び降ろし、「さあこれで大丈夫」と思いました。でも子猫は彼女のそばにやってきて、足に顔をすりつけています。子猫はその場に残ることにしたようです。

https://www.lovemeow.com/kitten-tree-decides-move-couple-2656798899.html

やがて中庭にいる飼い犬のオーティスを見つけた子猫は、驚いて空いているドアから走って家の中へ逃げこみました。でも実はオーティスは猫が好きで、心やさしい犬なのです。

「まだ夫は眠っていました。彼が動物を家の中に入れるのを好まないことを知っているわたしは、さっそくフェイスブックに子猫のことを投稿し、近所に行方不明の子猫がいないかと聞いて回りました」

人間に甘える子猫

https://www.lovemeow.com/kitten-tree-decides-move-couple-2656798899.html

この茶トラ猫は台所や居間を走り回ったあと、アシュリーさんの膝にのって「フミフミ」を始めたのです。

「夫が起きだしてきたので、『ちょっと問題があるのよ』といいながら子猫のいるガレージに彼を連れて行きました。子猫はまるで自分の家のようにそこにおさまっていたのです」

夫は気に入らないようで、「保護団体に連絡すれば」といいました。もうこれ以上ペットはいらないというのです。

すっかり子猫に心酔した夫

https://www.lovemeow.com/kitten-tree-decides-move-couple-2656798899.html

「その後20分ほど夫は子猫と庭で遊んでいました。そして『この子の名はケビンだ』というのです」

「この子猫は木にひっかかっていたので、わたしが梯子を持ち出して助けたのよ。ミャーミャー鳴いていたよね」

「この子はうちですっかりくつろいでいるわね。(フミフミをしている猫に)ビスケット生地はうまくこねられた?」

「その8ヵ月後がこちらです」

https://www.lovemeow.com/kitten-tree-decides-move-couple-2656798899.html

かわいい子猫はすっかり夫の心をとらえてしまいました。彼の膝にのってくつろいでいます。子猫はここが自分の家だと思っているようです。

そのまま幸せな家族になる

https://www.lovemeow.com/kitten-tree-decides-move-couple-2656798899.html

「翌日保護団体に連絡をして、この子猫を探している人はいないか聞いてみました。でも、どこにも飼い主だと名乗る人はいなかったのです」

そこでめでたくケビンは夫婦の家族になりました。この子は、抱くとゴロゴロと大音量で甘えるかわいい猫です。

「ケビンとオーティスは大親友で、しょっちゅう一緒にいます。わたしたちもケビンが大好きです。たとえカーテンを破いたり、部屋でパルクールをしたりする、やんちゃな猫でもね。
一方で、抱っこも大好きだし、窓から外を眺めるのもお気に入りみたいです」

https://www.lovemeow.com/kitten-tree-decides-move-couple-2656798899.html

野良猫だったケビンは、大胆な性格と美しい姿をもつ猫に成長しました。

ケビンは「段ボール箱愛好家」でもあります。どんな箱にでも入っていくのです。ピザ箱の中で横たわったり、どんな小さい箱でももぐりこんだりして、自分の領地にしてしまうのです。

野良だったケビン。いまは室内猫として夢のような毎日を過ごしています。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-tree-decides-move-couple-2656798899.html

こんな記事も読まれています

日本も見習うべき!殺処分される猫を救う取り組み『バーンキャット・プログラム』とは?

保護された猫の『アニー』今度は次に保護された「子猫のママ」となる幸せのループ【感動】

Comment