ネット上で大人気の猫「シュテパン」はウクライナから命からがら脱出することができた

感動

ロシアのウクライナ侵攻で飼い主とともに国外へ逃れた猫のシュテパン。ネット上では有名なスター猫ですが、戦争で大変なストレスを受け体重も減りました。飼い主は避難先からウクライナのための寄付活動を始めます。

ネットで有名な猫「シュテパン」

「インスタグラム」や「ティクトク」など、ソーシャルメディアに夢中になる人は多いですね。その大きな理由は「つながる」「役に立つ」「おもしろい」という3つに集約されるのではないでしょうか。なかでも同じ趣味を持つ多くの人々と「つながる」ことができるメリットは大きいのです。

とくに「猫」に関する投稿は大人気です。つぶれた顔の猫、毛がフワフワの猫、凶器のような前足をもつ猫、そして天国の門で人を裁く天使のような洞察力をもつ猫もいたりするのです。

出典:https://www.boredpanda.com/ukraine-famous-cat-stepan-is-safe/

猫の「シュテパン」を知っている人は多いはずです。たとえこの13歳の猫の名前をご存じなくても、ビデオを見たことがあるかもしれません。それほど有名な猫なのですが、残念なことにウクライナの自宅は戦争で破壊されてしまいました。2週間ほど何の投稿もなかったので、フォロワーたちはずいぶん心配しましたが、最近近況がわかったのです。

その魅力は「独特な表情」

出典:https://www.boredpanda.com/ukraine-famous-cat-stepan-is-safe/

少しシュテパンについてご説明しましょう。飼い主のアナさんは「インスタグラム」と「ティクトク」に2020年から愛猫のビデオを投稿してきました。以来この猫はネット上のスターになったのです。

だってこの深淵な瞳を見てください。幸せと栄光の空間へと引きずりこまれそうですよね。人々にそんな幻想を与えてくれる表情なのです。

この猫がほかと違うのは、まわりを気にしていないような表情と人の心を射抜くような変わったまなざしです。本当に特別な猫です。この表情と脱力したような姿勢が、そばに置かれたお酒のグラスやBGMのディスコ音楽とあいまって、魅力的なビデオになっています。シュテパンがたちまちネット上でスター猫になったのも、理解できますね。すでに100万人以上のフォロワーが、ネット上にアップされたビデオを楽しんでいるのです。

わが家にも爆撃が

出典:https://www.boredpanda.com/ukraine-famous-cat-stepan-is-safe/

自宅のあるウクライナ第2の都市カーキエフの状況が悪化し、シュテパンの生活も大きく変わりました。2週間ほどソーシャルメディアに更新がなく、ネット民たちはずいぶん心配したのです。でも幸い、飼い主のアナさんは「インスタグラム」に近況を説明する投稿を寄せています。

2月24日朝5時ごろ、アナさんたちはまだ眠っていました。でも爆発音がして目が覚めたのです。何が起こったのかわかりませんでした。30分後にまた近くで爆発があって、窓ガラスも振動していました。

「危険が迫っているのだと悟って、思わず跳び起きました。ロシア軍がカーキエフの中でもわたしたちの住む北サルトブカ地区を爆撃しているのです。いよいよ戦争がわが家を襲ってきたと感じました」とアナさんは説明しています。

猫とともに国外へ避難

出典:https://www.boredpanda.com/ukraine-famous-cat-stepan-is-safe/

近所の住宅は砲弾によって大きな被害を受け、住民の目の前で燃えて落ちていきました。そんな中でも奇跡的にアナさんの家は1週間は無事だったのです。

でも8日目に近所の部屋のバルコニーを直撃した砲弾によって、彼女の家も被害を受けました。マンションの窓ガラスはほとんど割れてしまいました。おまけに住宅の真向かい側に2度も砲撃があったのです。

出典:https://www.boredpanda.com/ukraine-famous-cat-stepan-is-safe/

アナさんと猫は2夜を地下室に身を潜めて過ごしました。停電していて情報も入ってきません。でも何とか町を抜け出すことができました。カーキエフの町のボランティアが鉄道の駅まで車で送ってくれて、そこから西部の都市リヴィブまで列車で移動しました。その道のりは「大変でした。シュテパンは恐怖に震えていました。列車にはペットを連れて避難する人々がたくさん乗っていましたね」といいます。

列車の中で20時間を過ごし、ポーランド国境までたどり着きました。そこには4000から5000人もの避難民が、国境を超えるために集まっています。彼女も9時間ほど待って、やっとポーランド側へ足を踏み入れることができたのです。

ポーランドではモナコからやってきた「世界インフルエンサーおよびブロガー協会」の人々が待っていて、援助してくれました。この協会は昨年シュテパンを「世界のベスト・インフルエンサー(ペット部門)」として表彰してくれたのです。「ワシントン・ポスト」紙によると、同協会代表のマリア・グラジーナ・チャップリンさんがアレンジして、フランスにある安全な住宅へアナさんとシュテパンを避難させてくれたのだそうです。

まもなく募金活動をスタート

出典:https://www.boredpanda.com/ukraine-famous-cat-stepan-is-safe/

投稿された写真を見ると、シュテパンは怯えて混乱しているようすです。

「はじめはショックとストレスで体重が減ったし、不眠状態でした」とアナさんはいいます。でももう命の危険はありません。アナさんはシュテパンを置いて避難することはできなかったでしょう。だって生後1ヵ月のときから育てていて、13年間も一緒に楽しい毎日を送ってきたのですから。たとえ戦争であっても、この両者を引き割くことなどできません。

(写真説明)安全を確保したので、アナさんはウクライナのための募金活動を他の団体と協力しながら始めたいと考えています。でもフォロワーのみなさんには「偽の募金活動に気を付けてほしい」と呼びかけています

アナさんとシュテパンは新しい環境に慣れようとがんばっています。でもウクライナのことは気がかりです。フランスへの避難をアレンジしてくれた協会は、滞在費用や必要な物資を提供してくれます。アナさんと同協会は、ほかの慈善団体と協力してウクライナへの募金活動を始める予定ですが、シュテパンの名をかたる偽の募金にはだまされないようにと呼びかけています。

アナさんは「インスタグラム」上で「現在は募金の呼びかけを行っていません」と説明しています。つまり正式の要請がないかぎり、汗水たらして貯めたお金を送ることはしないでほしいのです。募金を求めているのがどういう団体なのか、よく確かめてからにしてください。

(写真説明)本物のシュテパンはここにいます。正式のアカウントから要請がないかぎり、だまされて寄付しないでくださいね

「戦争をやめて」の声多数

どうかシュテパンとアナさんにすばらしい未来がありますように。これからも人々を楽しませる投稿をお願いしたいものです。

国連難民高等弁務官事務所によると、ウクライナからの難民は350万人に上り、今後もますます増えていきます。戦争によって幸せを奪われた人々、離散した家族は多く、国中に絶望が広がってきています。でもウクライナは負けません。国際社会が支援をしているし、ウクライナ人は勇敢なのですから。

人々はこんな感想を寄せています。

・侵略戦争をすぐにやめてほしい。数多くの命が失われるのは無意味だし狂っている

・ウクライナの人々やペットのことを思うと心が痛みます。どうか平和を!

・本当に間違っている。戦争にまきこまれた人々のために祈ります

・かわいそうなシュテパン。早く戦争が終わって人々やペットに幸せが戻りますように

・シュテパンたちが安全でよかった。ウクライナの人々が全員無事にいられればいいのに

・まだウクライナにいるアナさんの家族がご無事なよう、祈ります

・動物たちは発言できないのに。戦争はひどい。みんなが支え合って仲良く平和に過ごすべきだ

・人々が家を追われ国を追われるのは悲惨だ。しかもそれを主導している人間は狂った指導者なのだから。多くのアナさんやシュテパンのような存在が殺されてしまったことだろう

もっと画像を見たい方はこちら

こんな記事も読まれています

珍しい疾患を持った子猫『18歳のおじいちゃん猫』 に育てられ絆は永遠の家族へ【感動】

『下半身マヒ』になった猫のレキシーは障がいなんてへっちゃら!愛情深い飼い主さんと毎日を満喫中

Comment