”劣悪な環境”で治療も受けられず【盲目】になったコーリーは障害をものともしないハッピーな犬に!

抱っこされる犬 感動

アメリカの動物愛護団体『The Humane Society of the United States』は、劣悪な環境の子犬工場から犬たちを救出。その中に盲目の犬『コーリー』がいました。障害をものともせず陽気なコーリーは出会う人たちに幸せを届けます。

子供を産む「道具」として生かされていた犬

女性と犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3UXPyPyNytg

これは、ダックスフンドの『コーリー』のお話です。

コーリーは現在、里親さんの元で愛に包まれ、幸せに暮らしています。

コーリーの里親さんは、こう言います。「これまでのこの子の苦しみを思うと、これからはコーリーの望みを叶え、幸せにしてあげたい」…と。

子犬工場の様子

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3UXPyPyNytg

コーリーは、子犬工場の摘発によって救出された犬たちの中の1匹です。

屋根はあるものの、屋外に並べられたケージは掃除もされず、糞尿がそのまま。

ボサボサの犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3UXPyPyNytg

毛は伸び放題、汚れきった犬たちの姿を見れば、どれだけ劣悪な環境に置かれていたのかがよくわかります。

柵越しに見つめる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3UXPyPyNytg

目の治療もしてもらえず、失明してしまったコーリーもここにいました。

子犬工場の経営者にとって、犬たちは子犬を産むための道具でしかなかったのでしょう。

こうした劣悪な子犬工場は、米国全土のみならず、日本にも存在するのが現実です。

摘発されても、場所を変え子犬工場を再開してしまうため、摘発と再開のいたちごっこだと言います。

コーリーはとても人懐こい犬だった!

笑顔の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3UXPyPyNytg

幸いなことに、コーリーはとても人が大好きでした。とっても陽気で活発なので、出会う人はみな笑顔にならずにはいられません。

子供と犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3UXPyPyNytg

里親さんの友人の子供は脊髄性筋萎縮症。筋力低下や萎縮が起こる進行性の難病で、命に係わることもある病気です。

表情を作ることもしゃべることも上手にできませんが、コーリーを見れば笑顔になります。

そして…子供ながらにこう言いました。

「犬を苦しみから救い出すことで、犬を幸せにしてあげることができる。その犬が人も幸せにする」と。

2匹の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3UXPyPyNytg

コーリーは、どんな人にも、どんな動物にも会えたことを喜び、嬉しそうに接しています。

子犬工場で工場以外の世界も愛も知らなかったとは思えないくらい、とても前向きです。

救出された当時の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=3UXPyPyNytg

救出に入ったとき、コーリーはしっぽを振って喜び、スタッフに近寄ってきました。盲目であるのにも関わらず…です。

視界は閉ざされていても、心の目ですべてを見ているのかもしれません。

犬は今を一生懸命に生きるけなげな存在です。そんな純粋な心を持つ犬たちを1匹でも幸せにしてあげられるよう、営利目的の劣悪な子犬工場は排除していかなければいけないのではないでしょうか。

愛らしいコーリーの姿や、コーリーに笑顔をもらう人たちを実際に動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援にもつながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
動画制作者:The Humane Society of the United States
掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

こんな記事も読まれています

救助直前で虹の橋へ渡った母犬。しかし彼女の残した子犬たちは無事だった

保護された3本足の犬「ワトソン」は片目の視力もなかった!しかし緊急手術が無事に成功

抱っこされる犬

Comment