一体何が?”皮膚が大きく剥がれ”痛みに耐えていた子犬をレスキュー

感動

ケガを負った子犬を発見した人が『Animal aid unlimited』に救助を求める連絡を入れます。何があったのか、子犬の皮膚は大きく剥がれとても痛そう。隠れて痛みに耐えていた子犬に救いの手が…

ケガを負って隠れる子犬

物陰に隠れる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=08IB-QdwIMA

外で暮らす犬たちのお世話をしている優しい隣人は、子犬がケガをして隠れているところを発見し、Animal aid unlimitedに助けを求めます。

何があったのかわかりませんが、大きく皮膚が剥がれ、とても痛そうです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=08IB-QdwIMA

犬たちのお世話をしている人が食べ物をまくと、子犬は横になったまま這い出てきました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=08IB-QdwIMA

でてきたところを保護し、すぐに施設に運びます。

診察台の上の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=08IB-QdwIMA

子犬の皮膚が剥がれている範囲が大きすぎて、縫合することができません。

獣医師は痛み止めを打ったあと、消毒して薬を塗り、包帯を巻きました。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=08IB-QdwIMA

数日間施設で治療を受けた子犬は、母犬の待つ路上へ戻されました。

久々の再会に喜びを隠し切れないようです。

連絡をくれた優しい隣人に見守られながら、週に1度の治療が始まります。

1週間後

出典:https://www.youtube.com/watch?v=08IB-QdwIMA

1週間後…子犬の元にAnimal aid unlimitedがやってきました。子犬はしっぽを振って迎えてくれ、おとなしく治療をさせてくれます。

2週間後

出典:https://www.youtube.com/watch?v=08IB-QdwIMA

2週間後、再びAnimal aid unlimitedが子犬の治療をしにやってきました。

だいぶ傷も治ってきて、完治までもう少し!

3週間後

出典:https://www.youtube.com/watch?v=08IB-QdwIMA

3週間後…毎週の訪問に、子犬は嬉しそうです。

子犬には『ジール』と名前がつけられていました。

ジールが完治するまで、この後も訪問治療は続けられます。

本来であれば、施設で保護したり、路上生活を送らせることのないようにするのが一番でしょう。しかし、インドでは難しいのが現状です。

それでもできる限りのことをして、命を助ける活動をするAnimal aid unlimitedには感謝しかありませんね。

実際のジールの様子を動画でご覧ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Animal Aid Unlimited, India

こんな記事も読まれています

”安楽死の直前”に獣医によって救われた赤ちゃん犬。そのまま家族も得る

「新しい犬を飼ったからソイツはいらない」片目を失った上に飼い主から捨てられた犬は路上生活をしていた

Comment