危険な【夜間の高速道路】で子猫を発見!停車すると車の下に潜り込んでしまった

感動

ロサンゼルスの保護団体『HOPE FOR PAWS』に、子猫の救助依頼が舞い込みます。場所は車の行き交う高速道路!夜間で視界も悪く、危険と隣り合わせの救助活動となりました。

走行中、高速道路上に子猫の姿を発見!

高速道路

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

どうして子猫が高速道路に迷い込んでしまったのかはわかりませんが、夜間に高速道路を走行中、子猫の姿を見た女性は車を停車させ、子猫を保護しようと試みますが…

子猫は停車した車の下に逃げ込んでしまいました。

ヘタに子猫を怖がらせては走行車線に飛び出して危険です。そこで女性はHOPE FOR PAWSに救助を依頼したのです。

現場に急行すると、車がビュンビュン走行する横で、路肩に停車している車を発見します。

車を指さす男性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

女性は車の下を指さしますが、車の下に子猫の姿はありません。

エンジンルームに入り込んでしまったのでしょうか。

驚かして逃げ出すと危険なので、車の周りを簡易フェンスで囲いながら子猫を探します。

小型カメラを入れる男性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

懐中電灯を使って、車の内部を照らしていきます。

子猫はかなり奥深くに潜り込んでいるようで、体の一部が少しだけ見えるような状態でした。

そこで、小型カメラを使って子猫の姿を確認することに。

カメラに映る猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

子猫がいるのは、車の部品と部品の狭い隙間。手を伸ばせばお尻を触ることができますが、捕まえることはなかなか難しいようです。

引きずりだされる猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

しばらく格闘が続き…なんとかしっぽを掴むことができました。

子猫は必死に抵抗しているようですが、少しずつ体を引き抜き…抜けた!

子猫がまさかの反撃!

抱っこされる子猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

安堵から子猫を抱き寄せて撫でていたら、ここにきてまさかの子猫の反撃です。

子猫を抱き寄せていた男性が「うわっ!」と声をあげると、次の瞬間子猫を脇に投げ入れたようで子猫の姿がありません。

クレートの中の猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

何が起こったのかと現場は騒然としますが…子猫が男性の指をガブッツと咬んで、男性はすぐに用意していたクレートの中に子猫を入れたのでした。

びっくりして投げ出してしまうのが普通ですが、さすがHOPE FOR PAWS。咬まれようが引っかかれようが、絶対に離さない!

シャーシャーしている猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

そのまま病院に直行した子猫は、恐怖のあまりシャーシャーと威嚇しています。

猫パンチまで繰り出す元気があるようで、まずは一安心です。

タオルにくるまれる猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

あまりにも激しく威嚇するものだから、タオルにくるまれてしまいました。

ごはんを食べる猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

でも、ご飯を食べさせてもらうと…

甘える猫

出典:https://www.youtube.com/watch?v=haqdrkRlSrs

すっかり心を許したようで、甘えまくりです。

子猫は『ベルフラワー』と名付けられました。

この後は一時預かり施設で里親さんを待つことになりますが、愛らしいベルフラワーなら、きっとすぐに里親さんも見つかるでしょう。

保護の様子や、すっかり甘えたさんになったベルフラワーの姿を実際に動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援にもつながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

不治の病を抱える猫『ルー』絵本を読み聞かせする男の子との友情に涙

まだ目も開いていない幼い子猫を保護…「生きたい」と頑張った子猫たちの結末

Comment