「もう諦めていた」”10年前”に盗まれた愛犬が発見され感動の再会を果たす

感動

12歳の少女が散歩させていたチワワ犬が、何者かによって盗まれてしまいました。けんめいの捜索にもかかわらず見つかりません。あきらめていた飼い主家族は、10年後に「発見された」との通報を受けたのです。

いきなり現れた「犬泥棒」

愛犬が突然誘拐され、泣き叫んでいた当時12歳のティーさん。その犬が最近になって家族の元へ帰ってきたのです。

南ロンドンのベッケンハムにある公園を犬のオリーと一緒に散歩していたティーさん(12歳)。

すると突然現れた泥棒が、リードを切って犬を抱え、そのまま車で走り去ってしまいました。

現在22歳になったティーさんは、旅行会社で働いています。当時は報奨金をかけて情報提供を求めるポスターを貼りだしましたが、何の手がかりも得られなかったのです。やがてあきらめた家族は、「チリ」という名のダックスフンド犬を飼い始めました。

10年ぶりに愛犬が見つかる!

出典:https://metro.co.uk/2022/03/31/london-dog-reunited-with-owner-10-years-after-being-stolen-in-park-16377919/

でも先週の金曜日のことです。なんと10年ぶりにオリーが無事に見つかったという連絡が入ったのです。

「生きていると聞いて、大泣きしました。信じられなかったのです。また会えるとは思っていませんでした」とティーさん。

ティーさんは、オリーはもう亡くなったものと信じていました。西ロンドン地区にあるホウンズローの公園で子供たちが犬を見つけたそうです。誘拐された地点から32キロも離れた場所です。

出典:https://metro.co.uk/2022/03/31/london-dog-reunited-with-owner-10-years-after-being-stolen-in-park-16377919/

「公園で子供たちが見つけたそうですが、これまでどこにいたのかはわかりません」

「全体的に体調も問題なさそうでしたが、一応獣医に診せる必要がありました」

「きっとオリーは繁殖に利用されていて、何かの拍子に逃げ出したか、年老いたので捨てられたのでしょう」

夢の再会を果たす

「誘拐されたときは2歳でした。子犬のころをよく覚えています。だからまた一緒になれたのをとても喜んでいます」

出典:https://metro.co.uk/2022/03/31/london-dog-reunited-with-owner-10-years-after-being-stolen-in-park-16377919/

連絡を受けたその日にさっそく迎えに行きました。幸い、オリーはチリとも仲良くやっています。

「お互いすっかり意気投合したようで、よく一緒にいます。とてもほほえましい姿です」とティーさん。

「すっかりうちの環境に慣れ、わがままなチリとも意気投合しています。クッションの上でしょっちゅう抱き合っていますよ」

「オリーはストレスや痛みは感じていないようです。うれしそうに庭を走り回ったりしています」

マイクロチップで飼い主が判明

ホウンズロー市の動物管理事務所から「オリー発見」の連絡を受けたティーさん。特徴的な灰色の模様と体に埋め込まれたマイクロチップが、飼い主を突き止める手立てになりました。

「こんなに長く会えなかったので、最初は信じられませんでした」という彼女。
「家に連れてきて声を聞いたとたん、オリーは義父に近づいていき、猫ころがってお腹を見せて『なでて』と催促していました。すぐに家族だとわかったのでしょう」

でもティーさんのことを思い出すのには少し時間が必要でした。だって12歳のときからずいぶん変わってしまっているのですから。

「それ以来、家族みんなからとても大事にされていますよ。今は、外に連れ出すときは十分注意するようになりました。だって誘拐のような犯罪は突然に起きて、飼い主家族がずっと苦しむことになるのですから」

出典:https://metro.co.uk/2022/03/31/london-dog-reunited-with-owner-10-years-after-being-stolen-in-park-16377919/

こんな記事も読まれています

とびきり人懐こい野良猫たちが選んだのは「飼い猫」への道だった

『今日からこの消防署に配属されました!』猫隊員フレイムさんのお仕事は現場から帰ってきた仲間を癒すこと

Comment