猫の孤児院で保護された、生まれて間もない子猫『ビーン』その一挙一動に心が溶かされる

保護された子猫ビーン かわいい
@fosterkittensdc
スポンサーリンク

生まれて間もなく保護された小さな小さな子猫。その一挙一動が人々の心を溶かします。

猫のための孤児院

ワシントンD.C.を拠点とする『@fosterkittensdc』は、主に生まれて間もない子猫を一時保護し、永遠のお家への架け橋となる活動を行われています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Foster Home(@fosterkittensdc)がシェアした投稿

そのインスタグラムには生まれて間もない子猫達が紹介されており、度々話題となっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Foster Home(@fosterkittensdc)がシェアした投稿

生後まもなく保護された子猫『ビーン』

そのなかでも、最近多くの注目を集めたのが子猫の『ビーン』の存在。生後数日あまり、まだ目も開いていない状態で保護されたビーンはあまりに頼りなく小さい子猫でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Foster Home(@fosterkittensdc)がシェアした投稿

それでもビーンは少しずつ、でも確実に成長していきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Foster Home(@fosterkittensdc)がシェアした投稿


生後3週間ほどになれば、目はぱっちりと開き、自身の足でしっかりと立つことができるように。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Foster Home(@fosterkittensdc)がシェアした投稿

そしてそれと同時にフォスターママに甘える仕草は日に日に可愛さを増すばかり。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kitten Foster Home(@fosterkittensdc)がシェアした投稿

すっかり人を信頼し、勇敢になったビーンは現在、新しい永遠のお家で元気に暮らしているそうです。

fosterkittensdcのインスタグラムにはたくさんの保護猫ちゃんが登場しています。彼らの成長、そして温かい永遠のお家を見つけて幸せになる姿をぜひ見届けてあげてくださいね。

保護された子猫ビーン

Comment