骨と皮だけの”やせ細った犬”は『危険な高速道路脇』だけが安心できる場所だった

食べ物をもらう犬 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=uHuff3NE1B0

ロサンゼルスの保護団体『HOPE FOR PAWS』の元に、高速道路脇で暮らす犬の保護依頼がありました。犬を最初に発見した女性は何ヶ月もに渡り愛情と食事を与え、犬の心を溶かしてくれていたのです。

騒音がひどく危険な高速道路脇にいた『セイディ』

食べ物をもらう犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=uHuff3NE1B0

セイディが発見された当時、骨と皮だけの状態で人にとても怯えていたと言います。

発見した女性はセイディの元に何ヶ月もの間足を運び、食事と愛情を与えていました。

セイディの体に肉がついてきたところでHOPE FOR PAWSに連絡し、保護を依頼したのです。

茂みの中に隠れていたセイディですが、食べ物を差し出すと少し脅えは見えるものの手から食べてくれました。

すべては優しい女性のおかげでしょう。

高速道路

出典:https://www.youtube.com/watch?v=uHuff3NE1B0

セイディがいるのは、24時間車がスピード上げて行き交う高速道路の脇。

騒音もひどく、決して落ち着ける環境ではありません。

それでもここがセイディにとって安心できる場所だったのでしょう。

リードをかけられる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=uHuff3NE1B0

布のリードをかけても、抵抗する気配はありません。

動かない犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=uHuff3NE1B0

そうは言っても、ずっと暮らしてきた茂みから出るのは嫌なようです。

しかし、少し時間が経つと…

歩く犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=uHuff3NE1B0

車を停めてある場所まで歩いてくれました。

寄り添う犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=uHuff3NE1B0

車の中ではぴったりと寄り添うセイディです。

このまま病院に直行して診察を受けたセイディですが、嬉しいことが待ち受けていました!

何ヶ月もセイディに食事と愛情を与え続け、保護を依頼した女性がセイディを永遠の家族として迎え入れてくれることに。

セイディにとっても信頼できる女性の元なら安心ですね。

穏やかなセイディの保護の様子を実際に動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援にもつながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

フェンスに挟まり動けなくなった子猫を発見!真のヒーロー登場で救出なるか!?

「ごみ箱に捨てられた2匹の子猫」は散歩中のカップルと家族となった

食べ物をもらう犬

Comment