犬は物じゃない!「子供ができたから」と庭に2年放置され保健所行きとなった犬

感動

大阪府富田林市で保護犬シェルターや問題行動のトレーニングを行う『保護犬達の楽園』にやってきたのは、「子供ができたから」という理由で庭に2年間クレートに入れられたまま放置されたトイプードルでした。保健所に連れていく寸前にポチパパさんが保護します。

2年間屋外に放置され、その後噛んだからと保健所に

クレートの中の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vt3Arcqe5xw

ポチパパさんの元へやってきたトイプードルは8歳。

ずっと室内で可愛がられて生活していたのに、「子供ができた」ことで屋外に出され、クレートに入れられたまま2年間放置されていました。

愛情はもちろん、食べ物も水もろくに与えられず、2年の間に飼い主夫婦は平気で旅行にも行っていたというのですから、命の重さを考えていないことがわかります。

そして、最終的にご主人が「噛まれた」ことで、保健所に連れて行くことになったそう。

それまで可愛い、いい子、と愛情を受けていたのに、いきなり屋外に出されクレートの中に放置されて、ろくにお世話もされなければストレスから噛んでも当然でしょう。

クレートから顔を出す犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vt3Arcqe5xw

そんな状態の犬がいることに気づいた近所の人が保護するも、噛んでしまって飼えないということになり、今度はトリマーさん、トリマーさんのお客さんと家を転々とすることに。

噛んでしまうことが直らず、途方にくれた保護主さんは、飼い主の元に戻すことにしたのですが、飼い主は「その日のうちに保健所に連れて行く」というまさかの言葉が…。

こちらを見る犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vt3Arcqe5xw

保健所に飼い主が「噛む」という理由で持ち込んだ場合、公示されることなく翌日には殺処分されてしまうことがほとんどなのだとか。

噛むのは、飼い主の飼育放棄が原因。そんな飼い主のせいで命が絶たれるのはあまりにもむごすぎます。そこでポチパパさんに助けを求めたのです。

笑顔の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vt3Arcqe5xw

トイプードルは『ぷーすけ』と名付けられました。

ぷーすけくんは比較的おとなしく見えますが、飼い主から飼育放棄され2年間も閉じ込められたまま放置された精神的ダメージは大きく、「今後どのようにアプローチするかはまだわからない」とポチパパさんは言います。

座っている犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=vt3Arcqe5xw

しかし、ポチパパさんは決して諦めません。

ぷーすけくんが新たな幸せに向かって踏み出す日は、きっとそう遠くない日。

再び愛に包まれて安心して暮らせる日がくるといいですね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

こんな記事も読まれています

亡き兄犬の「肖像画」を見つけた『弟犬』その反応に【ネット民 涙腺崩壊】

【優しい世界】捨てられた子猫3兄弟。わんちゃんママに甲斐甲斐しくお世話される!

Comment

  1. 名無しのもふもふ

    こんなことをする人の子供ですから、どんな目に合うか心配ですね、同じことをするでしょうね

    閉じ込められたまま2年も外に放り出されるなんて、同じことを人間にやったらニュースになって大騒ぎ、犯罪ですよね。なぜ動物相手だと罪にならないのか!!!許せない!