野良猫を引き取るつもりはなかった女性。運命の出会いを果たしその後”21年間”連れ添うことに

三毛猫 感動
出典:https://nekochan.jp/column/article/16355

猫を飼うつもりがなかった女性の元に、子猫3匹を連れた野良猫がやってきました。そのまま放置するのは子猫の命が危険と判断した女性は、野良猫親子を保護することに。それから21年、保護した猫との生活は素晴らしいものでした。

命を守る!野良猫の保護を決断

三毛猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/16355

女性が10年間一緒に暮らした愛犬に旅立たれてすぐの頃、自宅のそばで野良猫が子猫4匹を出産しました。

その当時は野良猫も多くおり、女性は引き取るつもりはなかったと言います。

しかし、子猫のうち1匹が誰かに捨てられ命を落としてしまったということがわかり、女性は親猫と子猫を保護することにしたのです。

犬と猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/16355

野良猫親子ということもあり、人にまったく慣れていませんでした。

懐いてもらうまでにかかった期間は3ヶ月!子猫が先に懐いてくれたそうです。

しかし、4匹の猫を飼うことは難しいため、女性は子猫の里親募集をしました。そして2匹の子猫は新しいおうちに。

女性は、母猫と子猫1匹の生活が始まります。子猫のお世話は母猫がすべて行っていたため、随分ラクだったと言います。

愛犬を亡くしたばかりで活気がなくなっていた家の中にも、活気が戻って楽しい日々。

猫たち

出典:https://nekochan.jp/column/article/16355

そんなこんなで21年が過ぎました。

子猫は3歳のときに家出をしてしまい、近所のお宅で飼われていたそうです。

親猫は21歳。目も見えず耳も聞こえなくなっていますが、新しく家族となった1歳の猫と6歳の犬と仲良く楽しく暮らしています。

野良猫親子を保護したことで、女性の生活が変化したこともちろん、猫たちみんなが幸せになることができました。

ペットショップからお迎えするのもいいですが、野良猫を迎える、捨て猫を迎える、保護施設から迎える、といった方法もあることを考えてみてくださいね。

こんな記事も読まれています

『あなたに助けて欲しいの!』ガンを患った野良猫に【最期の望み】を託された家族

【保護】子猫のお腹にノミの群れが!保護主の優しさと愛に称賛の声が寄せられる

三毛猫

Comment