”木から降りられない猫たち”をなんと【1年で571匹】もレスキューしてきた保護団体

感動

今回ご紹介するのは、ワシントン州で木に登り降りられなくなった猫たちを救助している団体『Canopy cat rescue』の活動事例です。なんと2019年は総勢571匹もの多くの猫を木の上から救ったというCanopy cat rescueさん。では、実際どのような活動を行なっているのでしょうか。

1年間で木から降りられなくなる猫の数に驚き!

『Canopy cat rescue』は、ワシントン州で木から降りられなくなった猫たちを救出する活動を行う団体です。なんと2019年は、1年間で総勢571匹もの猫が降りられず立ち往生していたというから驚きです。今回は、過去の活動の中からいくつかの事例をピックアップしてご紹介します。

隣の木から伝って救助

高い木の上から救助

出典:https://www.facebook.com/canopycatrescue/photos/a.380741592337/10156078013437338/

こちらの猫さんが降りられなくなってしまったのは、なんと約70フィート、単位を直すと約21メートルというとても大きな木です。この高さから降りられなくなってしまったことを考えると、想像するだけで恐ろしいですね…。

この猫さんがいた場所がとても高い位置だったこと、そして少し体型がぽっちゃりしており、木から抜けにくかったこと、重く降ろすのが容易ではなかったことなどの理由で、この写真が撮影された隣の木がなければ、救助が難しかったと言います。

つまり、この猫さんは、隣の木からどうにか伝って救助を決行したということです!とても危険な救助活動でしたが、最終的に無事に家族の元に戻ることができたのだそうです♪

警戒する猫

出典:https://www.facebook.com/canopycatrescue/photos/a.380741592337/10156171700867338/

こちらも高さ25フィート、メートル単位に直すと約7.6メートルという大きなモミの木の上で立ち往生してしまった猫さんです。どうやらスルスルっと楽しそうに登っていったはいいものの、降りることができなくなってしまったのだそう…。

もみの木の下には、こちらの猫さんのご家族が心配そうに見つめています。少々警戒している様子を見せる「ルシ」ちゃんでしたが、この後、無事に家族の元に戻ることができましたよ!

その後、ご家族からのコメントによれば、ルシちゃんは完全な家猫となり、木に登ることはできないようにしているとのことです。たしかに再び同じことにならないよう注意しなければいけませんね。

救助活動中!だけどなんだか素敵な写真

街並みと木々

出典:https://www.facebook.com/canopycatrescue/photos/p.10151986090727338/10151986090727338/

こちらは2014年に行った救助活動中に撮影された写真です。こちらの子猫は野良猫だということで、子猫が木の上から降りられなくなっていることに気付いた人からの依頼だそうです。

なんとこの木の高さは約60フィート(約18メートル)で、ビルの高さに換算すると6階建に相当するのだとか…恐ろしいですね。

しかし、救助活動中に撮影されたこちらの写真をCanopy cat rescueは気に入っていると言います。もちろん、無事に救出することができたから言えることでもありますが、美しい街並みと綺麗な晴天をバックにする子猫の写真は、なんだか自由を象徴しているような写真に仕上がっています。

小さく可愛らしい子猫を高所から救助!

木から降りられない子猫

出典:https://www.facebook.com/canopycatrescue/photos/a.380741592337/10156849217387338/

こちらの小さく可愛らしい子猫は、なんと約70フィート(約21メートル)の杉の木に登ってしまったのだとか…。この写真は、この子猫が降りられなくなってから、24時間が経過した時の写真です。

夜間に出かけたこともなく、木にも登ったことのなかった子猫だったため、Canopy cat rescueが到着し救助しに向かった時には、空腹と恐怖、そして疲労でこのような表情になっていたのだそう。

彼女を助けるために、多くの寄付金が集まったため、Canopy cat rescueさんとこの子猫の飼い主さんは、SNS上で感謝を述べています。無事に救助されて良かったです!

2019年、最後のレスキュー

凛々しい顔つきの猫

出典:https://www.facebook.com/canopycatrescue/photos/a.380741592337/10156927761387338/

そしてこちらは2019年、最後に木の上から救助された猫さんです。とても凛々しい顔つきで、とても木の上で立ち往生しているとは思えない立派な容姿の猫さんです。しかし、こちらの猫さんも降りられなくなってしまった猫の1匹。しっかり救助し、地上へと戻ることができました!

実は、2018年までは1年間の最高救助記録は501匹だったそうです。しかし、この2019年は571匹と大幅に記録を更新したと言います。それだけ多くの猫が木に登ってしまったこと、そして『Canopy cat rescue』さんがそれらの依頼に応えたことを示しています。

こちらの投稿には、多くの人々から「猫たちを助けてくれてありがとう!」「これからもよろしくお願いします」という感謝と激励の言葉が贈られています。

まとめ

現在も『Canopy cat rescue』さんは多くの猫たちを木の上から救っています。ボランティアで活動している団体ですが、彼らは「猫を助けることで飼い主や他の人々の心も救うことができる」と語っています。

救助活動は、1日で4〜5匹の救助依頼を受けることもあれば、夜間に緊急出動しなければいけないこともあり、精神的にも体力的にも大変だそうです。それでも猫を無償で助け続ける彼らの姿勢からは、猫への強い愛情が感じられますね。

これからも木の上で立ち往生してしまった猫たちを助ける『Canopy cat rescue』さんの活動を応援していきましょう!

※こちらの記事はFacebook投稿をしている団体より許可を得て掲載しております。
YouTubeチャンネル:Canopy cat rescue

こんな記事も読まれています

「農場の動物は大切な友だち」家畜を愛し肉食をやめた男性からの訴えとは?

大好きなおじいちゃんのペースに合わせてゆっくり散歩しているワンちゃん♡

Comment