「命の恩人は猫」飼い主の”心臓発作”を察知し命を助けた英雄猫が話題

感動

早朝に発作を起こした男性。これに気づいた飼い猫は寝ていたその妻を「大きなうなり声」で起こし、命の危機を救いました。ふだんは「よそよそしい」と思われていた猫ですが、家族を思いやる気持ちは強かったのです。

飼い猫は「人嫌い」?

ブランディ・ミラーさんにとって、想像してもみなかったことが起こりました。両親の飼っているショッツィーは、実は「英雄猫」だったのです!

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/family-cat-shotzie-saves-owner-heart-attack

でも普段この猫(11歳)は、人に甘えてくることがほとんどありません。

「人が好きではないみたいです。わたしの母タミーと義父のカーク以外は、人間のそばには近寄ろうとしません。だれかが近づくと隠れてしまいます。わたしがそばにいると、威嚇したりするんです。よそよそしくて、わたしや姉妹たちのことが嫌いみたいですね」とブランディさん。

父が突然倒れた!

ところが3週間前、この猫が実は家族をとても愛していることが発覚したのです。3月2日に、カークさんが自宅で心臓発作に襲われました。

「朝の4時に出勤するため出かける準備をしていた義父は、ショッツィーに餌をあげてからドアに向かいました。でも突然心臓発作に襲われ、その場に倒れてしまったのです」

ショッツィーは機敏に行動しました。

「寝室に走っていきベッドに跳びのって母の毛布をどけ、頭の上でものすごく大きな雄叫びの声をあげて彼女を起こしたのです。まるでピューマの鳴き声のようだった、と母は話していました。大音量で地響きするようなうなり声だったのです」

この猫がこれまでこんな鳴き声を立てたことはありません。タミーさんは異変に気付いて跳び起きました。リビングルームに行ってみると、カークさんが床に倒れているではありませんか。

「人口呼吸をしても反応がないので、救急隊を呼びました。電気ショックを3回与えて、やっと心臓が動き出したそうです」

猫の行動に感謝

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/family-cat-shotzie-saves-owner-heart-attack

ショッツィーのおかげで、カークさんは危機一髪のタイミングで病院へ運ばれました。そこで緊急治療を受け、後日バイパス手術を受けることになっています。いまは自宅に戻って静養しています。ショッツィーはカークさんの元を片時も離れません。

「いつも義父を見守っていて、トイレに行くときもついていきます。監視の目を緩めようとしないのです」

カークさんはショッツィーを命の恩人(猫)だと感じていて、とても感謝しています。

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/family-cat-shotzie-saves-owner-heart-attack

「だから餌はご馳走だし、前よりもっとかわいがって大事にしています。両親はこの猫がいてとても幸せなのです」

ブランディさんもこの猫に感謝しています。猫を見る目も、前とは変わってきました。

「両親のそばにショッツィーがいることを、とてもうれしく思っています。徐々にですが、わたしの近くにもやって来るようになりました。うれしいわ。もう決して『いじわる猫』なんていいません」と彼女。

「まだ信じられないほど、すごい出来事です。猫の行動にはびっくりさせられました」

出典:https://www.thedodo.com/close-to-home/family-cat-shotzie-saves-owner-heart-attack

こんな記事も読まれています

【保護】子猫のお腹にノミの群れが!保護主の優しさと愛に称賛の声が寄せられる

”20年間”サーカスにとらわれたライオンは、人々の助けで自由を取り戻した

Comment