「腐った水に錆びついたケージ」劣悪な”子犬工場”から救出されたチワワが教えてくれたこと

笑顔の犬 悲しい

アメリカ・ノースカロライナ州にある子犬工場が摘発され、動物愛護団体『The Humane Society of the United States (HSUS)』が80頭以上もいるすべての犬たちの救出に入ります。目を疑うような劣悪な環境、最悪な健康状態です。

幸せな数ヶ月を過ごすことができた犬『ビリー』

笑顔の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

これは、ビリーのお話です。

劣悪な環境の子犬工場から救出されたチワワ『ビリー』は、最悪な健康状態でしたが、最期の数ヶ月間、愛に包まれ幸せに暮らすことができました。

救助スタッフ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

ビリーがいたのは、ノースカロライナ州の子犬工場です。

屋外、屋内とも敷地内には犬、犬、犬。

所狭しと並べられたケージにそれぞれ犬が入れられ、その数は80頭以上にもなりました。

禿げている犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

多くの犬が感染症や病気を患っていましたが、子犬工場の経営者にとっては子犬を生むことができればどうでもいいのでしょう。

脱毛してしまった犬は、肌が赤く炎症を起こしており、とても痒そうです。

給水器に緑色の水

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

悪臭で息をするのもままならない小屋の中はケージが積み上げられ、吸水器の水も腐って緑色になっています。

ケージの中のチワワ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

そんな犬たちと同じように、ビリーもケージに閉じ込められていました。

救出スタッフたちの姿に、興奮を隠せない様子。

これから何が起こるのか、わかっているのかもしれません。

ケージを開けようとする男性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

ケージは錆びついており、扉を開けるのも力づくです。

どれだけこの扉が開けられていなかったのか…。

顎が半分ない犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

長年閉じ込められていたケージから出ることができたビリーは、嬉しそうです。

毛が長くてわかりませんが、抱っこしてみると体はガリガリにやせ細り、下の歯茎も半分ほどなくなっていました。

獣医師の診察を受けたビリーの健康状態は…「医学的なスコアから見ても最悪」と認定されてしまいます。

遊んでいる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

劣悪な環境下で暮らしていたビリーですが、その性格は愛嬌たっぷり。

そんなビリーに心奪われ、HSUSスタッフのアダムさんが里親になる申し出をしたのです。

楽しそうに遊ぶビリーは、本当に幸せそう!

男性と犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=K3vyK75-r3g

アダムさんは言います。

「こうした動物たちを救うための活動をどうか支援してください」…と。

ビリーはアダムさんと先住犬たちに囲まれ、愛を知りました。そして、愛することも知りました。

幸せな数ヶ月を過ごした後、愛する人たちに見守られながら犬生に幕を閉じたのです。

ビリーの生きた証は別の動画で見ることができます。

その中で、アダムさんはこう言います。

「ビリーが亡くなった今でも、毎日ビリーのことを想わずにはいられません。ビリーとの楽しかった日々は私を笑わせてくれます。子犬工場の事実をビリーは身をもって多くの人に伝えてくれました。ビリーの物語ををシェアしてくれたこと、ビリーに心を寄せてくれたことは本当に嬉しいです。すべての人にありがとう」と。

ビリーの姿を実際に動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援につながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
動画制作者:The Humane Society of the United States
掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

こんな記事も読まれています

ハリケーンから動物たちを守るために【自宅に300頭】連れ帰った男性に感動!!

『パパ!会いたかったニャ!』軍の訓練から帰ってくる飼い主さんを待ちわびる猫の姿に心打たれる

笑顔の犬

Comment