ネパールが「犬の殺処分ゼロ」の理由を知っていますか?人を噛んだ犬が許された事例も

感動

「犬の国」と言われるほど犬を大切にしているネパール。そんなネパールに住む日本人ご夫婦の「野良パパ」さんと「野良ママ」さんのYouTubeでは、日本とは全く異なるネパールの犬に対する対応や環境が見られます。今回は、そんなネパールの「殺処分ゼロ」の理由を紹介してくださる動画をご紹介します!

『犬の国・ネパール』が殺処分ゼロの理由

ネパールの野良犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LP73BnygweA

「犬の国」と言われるほど犬を大切に扱っているネパールは、なんと犬の殺処分が0なのだとか!街中では多くの野良犬たちが自由にのびのびと暮らす光景が見られるネパール。そんなネパールで犬たちが殺処分されていない理由を、ネパール在住の日本人ご夫婦・野良パパさんと野良ママさんが教えてくださっています。

ペットショップがないことが最大の理由!

野良犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LP73BnygweA

多くの野良犬たちが街中で暮らしているネパール。そんなネパールで「犬が増えすぎたから殺処分」とならない理由は、生体販売が行われていないことが大きな理由です。

日本では、飼い主や保護団体が妊娠を望んでいない犬たちに不妊・去勢手術をすることで、犬が過剰に増えてしまうことを防いでいます。また、近年はさまざまな活動によって、犬の殺処分数は格段に減っています。

しかし、不妊・去勢手術には、1回2万円以上の手術費用が必要となります。これはネパールも同じです。しかし、日本に比べるとネパールの人々の平均給与は時給40円と低く、犬が多く暮らしているネパールでは非常に難しいことがわかります。

しかし、それでも殺処分がされない大きな理由は、子犬が生まれるとペットショップで販売されることなく、ご近所さんに引き取られたり、地域犬として多くのご近所さんたちから愛されるようになるからだと言います。

生体販売が行われないことで、不当な出産を繰り返す悪徳ブリーダーが生まれることもありません。そのため、過剰に増えることも捨てられることもないのです。

ネパールの人々の犬への深い愛も関係している

生まれた子犬たち

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LP73BnygweA

また、先ほど話に出てきた通り、すべての犬が家庭犬として引き取られるわけではありませんが、地域犬としてご近所の方々に食事をもらったり、水をもらったりとお世話してもらうことになります。

このように、ネパールの人々が自分の家の犬でなくても、地域で一生懸命生きている犬たちへ愛情を注いでいることで、犬たちは人間と安心して共存することができているのです。

そのため、ネパールの路上で暮らしている犬たちは、人懐こく警戒心が薄い子が多く、自ら近寄っていくなど可愛らしい行動が見られる点も特徴的です。

二度も人を噛んでしまった野良犬への対応は?

おやつをもらう犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LP73BnygweA

そんなネパールに在住している野良パパさんと野良ママさんも、普段から地域の犬たちに愛情を注いでいます。その中には、過去に二度も人を噛んでしまった「お父さん」と呼ばれる犬がいました。

人を噛んでしまった犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LP73BnygweA

ネパールでは、現地に住む人々であれば、誰でも無料で狂犬病ワクチンを接種できるというサポート制度もあります。そのため、ネパールの人々は犬に対して安心感を持って接することができるという理由も大きのでしょう。

しかし、この「お父さん」と呼ばれる野良犬は、一度ならず二度も人に噛みつき怪我をさせてしまいました。野良ママさんたちも「二度はさすがに殺処分されてしまうのでは…」と不安になったそうです。

二度目の事件が起こった後、現地の人々がその場に集まり、「お父さん」をどうするべきか話し合ったそうです。そして話し合った結果、訪問獣医さんがやってきたと言います。

皆で協力して去勢手術を受けさせることに!

犬の日の様子

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LP73BnygweA

どのような処遇が下されるのかと心配しながら見守っていたところ、なんと噛まれた被害者の人を含め、現地の人々は皆で協力し、去勢手術を受けさせることで攻撃性を抑えてあげようという決断を下したのです!

噛まれて怪我を負ったにもかかわらず、その犬を見捨てずに一緒に共存するためにはどうすればいいのかを考えてくれたということです。この話だけでも、ネパールの人々の犬に対する深い愛情を感じますよね!

そして、実際に去勢手術を終えた「お父さん」は、現地の人々が予想した通り、攻撃性は抑えられ、落ち着きを取り戻したと言います。ネパールで犬を大切にする日として開催される『犬の日』には、ご近所さんからマリーゴールドの首輪ももらうことができたそうですよ!素敵ですね。

安心して眠る犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=LP73BnygweA

ネパールでは、自分の家の犬、野良犬と関係なく、現地の人々が犬に対して深い愛情を持って接しています。最後にご紹介した「お父さん」の話からも、ネパールの人々の犬に対する愛情の深さが伝わってきました。

野良パパさんと野良ママさんが運営しているYouTubeチャンネル『野良犬ふれあい広場』では、このようにネパールの犬たちの日常生活が多くアップロードされています。動画を見ることでネパールの野良犬たちの支援にもつながりますので、ぜひ動画をご視聴ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:野良犬ふれあい広場 Aodog

こんな記事も読まれています

『子供に会わせて!』離れ離れになった猫一家。母猫と子猫の感動の再会を果たす

【クリスマスの奇跡】凍傷で傷ついた小さな猫が手に入れたのは永遠の家族

Comment