クリスマスツリーを切り倒すと中に「フクロウ」が!そのまま都心へ一緒に運送

感動

クリスマスツリー用に切られて、ニューヨークへと運ばれた大木には、極小フクロウが住み着いていました。幸い、保護され健康を回復したフクロウは、新しい安全な環境で新生活をスタートさせます。

ツリー用の大木にはフクロウが!

今回ご紹介する話題は、「自然」の一部を持ち帰るときには細心の注意が必要だと再認識するような内容です。

出典:https://www.nbcnews.com/news/animal-news/tiny-owl-rescued-rockefeller-center-christmas-tree-travelled-170-miles-n1248166

ニューヨーク州オネオンタ。この小さな町にある「オウシュウトウヒ」の大木に住み着いていた極小のフクロウが、そのまま木と一緒に大都市ニューヨークに運ばれてしまったのです。この高さ23メートルほどもある大木は、ロックフェラー・センターを飾るクリスマスツリーにするために夜の間に伐採されたのでした。

出発後まもなく、注意深い作業員が枝の間にひそんでいたフクロウを見つけました。でもすでに木を倒してしまったので、いま引き返しても戻す場所がありません。仕方なくフクロウを段ボール箱に入れて、そのまま一緒に運ぶことにしたのです。

小さなフクロウを保護施設へ

ニューヨークで活動する保護団体「レイベンズビアード野生動物センター」が、その後の経緯をフェイスブック上にこう投稿しています。

出典:https://www.nbcnews.com/news/animal-news/tiny-owl-rescued-rockefeller-center-christmas-tree-travelled-170-miles-n1248166

「フクロウの住処を提供してくれるか、という問い合わせの電話をもらいました。『できる』と答えると、しばらく電話の向こうで沈黙があったのちに『では夫が戻ったらまた連絡する。長距離を輸送中の夫が段ボール箱に入ったフクロウの赤ちゃんを預かっている』という返事がありました」

同センターのボランティアがフクロウを引き取りに出向いてみると、実は赤ちゃんではありませんでした。北東アメリカ大陸で最小といわれる「ノコギリ・フクロウ」の成鳥だったのです。体の大きさはコマドリほどしかありません。

健康を回復し、新しい生活へ

輸送中は餌も水もなく弱っていたフクロウでしたが、スタッフの手厚い看護を受けて健康を回復しました。

「目は澄み体調もよさそうです。大変な目にあいましたが、健康を回復してよかったです。獣医の検診で問題がなければ、外の世界へ放つことになります」と投稿されています。

このフクロウは「ロックフェラー」と名付けられました。専門家によると、ふたたび長距離を移動して元のオネオンタ地域に戻すのは、フクロウにとってストレスが大きすぎるということです。幸いノコギリ・フクロウは環境適応性が高いので、このまま同センターのサンクチュアリで木々に囲まれて生活することになるそうです。

動画も見たい方はこちら

こんな記事も読まれています

『平気なの?』雷の稲妻が走る風景を冷静に眺める猫さんにビックリ

”20年間”サーカスにとらわれたライオンは、人々の助けで自由を取り戻した

Comment