迷子の犬を救ったのは「ソーセージをつけたドローン」だった

なるほど

湿地で行方不明になった犬。満潮による増水で溺死を恐れた人々は、ユニークな救助アイデアを思いつきました。ドローンにおいしそうなソーセージをつけて、犬を安全な場所へ誘導したのです。

湿地で迷った犬ミリー

湿地に迷ってしまった犬を、ユニークなアイデアで救い出したボランティアたちが、このたび表彰されました。

この人々は、ドローンを使って動物を救出する活動をしているグループのメンバーです。ジャック・ラッセルとウィペット犬の混血であるミリーを救うため、大好きなおやつをドローンに付けて、安全な場所までおびき出そうと考えたのです。

この犬は湿地で迷子になってしまい、このまま見つからなければ増水により溺死する恐れがありました。

出典:https://metro.co.uk/2022/02/17/rescuers-who-saved-dog-using-sausages-dangled-from-drone-receive-award-16122138/

ユニークなアイデアを表彰

このほど動物福祉団体「ペタ」は、「デンミード・ドローン・サーチ・アンド・レスキュー」(DDSAR)の人々の、創造性と主導性あふれる今回の救出活動をたたえて表彰することになったのです。

ボランティアのエリオット・エクストンさんは「わたしたちの活動の努力が認められてうれしいです。表彰されると聞いて、光栄に思いました」と話しています。

出典:https://metro.co.uk/2022/02/17/rescuers-who-saved-dog-using-sausages-dangled-from-drone-receive-award-16122138/

「表彰を目的に活動しているのではありません。でもこうして周りから認められたのが、個人的にはうれしいです。はじめはごく小さな地域活動グループでした。いまでも地域のボランティアとして地道に活動しています」

「みんな無給で活動するボランティアです。ペタのような大きな組織が、わたしたちの活動を認めてくれたのがうれしいですね」

ペタの統括責任者エリザ・アレンさんは「犬の救助に使った賢い方法には感心しました」といいます。
「ペタを代表して、ヒーローたちに感謝します。今回のアイデアあふれる救助活動が人々に知られて、多くのみなさんを触発してくれるといいと考えています」とエリザさんはいいます。

満潮による増水で溺死の恐れが

出典:https://metro.co.uk/2022/02/17/rescuers-who-saved-dog-using-sausages-dangled-from-drone-receive-award-16122138/

ミリーが行方不明になったのは1月13日でした。飼い主のエマ・オークスさん(40歳・ケアマネージャー)はDDSARに助けを求めました。この犬はポーツマス地域の危険な場所を走り回っているのが目撃されていました。あたりには広大な湿地や交通の激しい高速道路があるのです。4日間にわたる捜索では、ハンプシャー警察やソレント沿岸警備隊、カヤック操者も参加しました。

最終的にDDSARの画期的な「ドローンにソーセージをつけておびき出す」作戦が、ミリーを危険な湿地から300メートルも遠ざけることに成功したのです。満潮によって水嵩が増しており、犬が逃げられずに溺死する危険がありました。

DDSAR代表のクリス・テイラーさんは「とにかく何かしなくては、と思いました。そのままでは悲劇に終わってしまっていたでしょう」といいます。

「危険地帯から遠ざけるためのアイデアを出したのはドローンの操縦者のひとりです。餌をつけておびき出せば、といったのです」

「変なアイデアでしたが、ミリーは空腹だろうし、湿地から高台へとおびき出せるはずと考えました。すぐに満潮を迎えるので、湿地にいたままだったら溺れてしまっていたでしょう。はじめてのアイデアでしたが、カヤックでもほかの方法でもミリーを捕まえることができなかったので、最後の手段でした。犬を湿地で300メートル移動させるのは大変なのですが、地域住民の力で大成功に終わりましたね」

食いしん坊のミリー

飼い主のエマさんによると「ミリーは臭いにつられて安全な場所に移動し、最後はソーセージをつかんでドローンを墜落させてしまった」といいます。

出典:https://metro.co.uk/2022/02/17/rescuers-who-saved-dog-using-sausages-dangled-from-drone-receive-award-16122138/

「ミリーは食べるものなら何でも大好きなくいしん坊です。生のニンジンやキュウリまで食べるのです。なかでも一番好きなのはソーセージです。肉類が好物なので、ソーセージで誘うのは最良の方法でした。ミリーを安全な場所へ誘い出してくれたあと、浜辺でバーベキューをして、焼けるソーセージの臭いでさらにおびき寄せてくれたのです。この人たちの努力がなければ、いまごろミリーは溺れていたことでしょう」とエマさん。

実はミリーはルーマニアで暮らす野良犬でした。1歳のときに保護されてエマさんの元へやってきたのです。

「獣医によると、ミリーは今回の体験でかなり怯えているようです。自信を回復させるため、訓練士による指導を受けさせようと考えています。でもこの経験で、次に行方不明になってもソーセージで誘い出せることがわりましたね」とエマさんは話してくれました。

出典:https://metro.co.uk/2022/02/17/rescuers-who-saved-dog-using-sausages-dangled-from-drone-receive-award-16122138/

こんな記事も読まれています

自転車で世界を旅する猫『ナラ』大好きな飼い主さんと一緒にトルコを目指す

【猫は1日何してる?】隠しカメラで見てみたら『最小限の移動距離』で生活する姿が映し出されていた

Comment