大雨前日に側溝から救われた子猫「おとなしくていい子♡」と思いきや…

感動

今回ご紹介するお話は、「おハスねえさん」が引き取ったある子猫のお話です。さまざまな縁によって迎えられた子猫は、最初「こんなにおとなしくていい子がいるのか」と思われていました。しかし、数日経ったある日…とうとう本性を現したのです!!

大の猫好き「おハスねえさん」が子猫に出会うまで

こちらを見つめる子猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/13811

今回ご紹介するお話は、「おハスねえさん」が現在一緒に暮らしている子猫を引き取った時のお話です。実は、この子猫を引き取るまでに、ある出会いがあったそうなのですが…。

今回紹介する子猫を迎える少し前、おハスねえさんは今までずっと裏窓にご飯を食べにきていた美しい三毛の子猫が突然姿を現さなくなり、心にポッカリ穴が空いたように落ち込んでいたと言います。

最初はおハスねえさんがいないところを見計らって、置いてあるご飯をこっそり食べにきていたというツンデレ要素満載な三毛の子猫ちゃん。

しかし、当時のおハスねえさんは家猫として迎える気はなかったため、「無責任に餌やりをしてはいかんよなぁ」と一度ご飯を置く習慣をやめたそうです。すると、翌日再びやってきた三毛ちゃんは、そこにご飯がないことを確認しガックリ…。再び夜にやってきて「あの、すいませんが、えっと、今日は無いんでしょうか?」という表情で見つめてきたそうです(笑)

そんな可愛らしい三毛ちゃんに再びご飯を与えつつ、ご主人と「無理にとは言わないけど、うちに入ってくるようになったら飼いましょう」と話していたそうです。

しかし、ある日を境に突然姿を見せなくなった三毛ちゃん。「絶対迎えたい」という思いはなかったため、そこまで落ち込むことはないだろうと思っていたおハスねえさんでしたが、自分で思っていた以上に三毛ちゃんは大切な存在になっていたようで、ひどく落ち込んでしまったということでした。

三毛がいなくなったタイミングで舞い込んだ子猫の話

なすと並ぶ子猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/13811

おハスねえさんが三毛ちゃんがいなくなってしまったことで落ち込んでいたタイミングで、ご主人が会社の同僚さんから「子猫をもらってくれないか?」という話を持ちかけられたそうです。

どうやら、同僚さんの知り合いが側溝に子猫が落ちて出られなくなっているところを発見し救出したとのことでした。しかし、そのお知り合いの住んでいる自宅がペット不可物件。そのため、誰かに引き取ってほしいとのことでした。

三毛猫ちゃんがいなくなり、心にポッカリ穴が空いていたおハスねえさんにとって、このお話はとても魅力的だったことでしょう。しかし、すでにご自宅で高齢猫を飼っていたおハスねえさん宅。そのため、まずは獣医さんに相談し、必要なワクチン接種や子猫の診断などの段階を経た上で、お迎えすることにしたそうです。

驚くほどおとなしい子猫…しかし3日目に突然豹変!

こうして子猫をお迎えすることになったおハスねえさんたちでしたが、ご主人が連れ帰ってきた子猫は、特に鳴き声をあげることもなく、どこか冷めたような大人っぽい雰囲気を持つおとなしい猫だったそうです。

今までも多くの猫と暮らしてきたおハスねえさんは、「この子、ぜんっぜん鳴かへんねん。めっちゃ、おとなしいわ。」と驚いたそうです。

なすと仰向けになる子猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/13811

どこか冷めたような表情をしていた子猫でしたが、おハスねえさんが抱き上げると、自ら腕にしがみついてよじ登り、首の横でスッと落ち着いて休むほど甘えん坊でした!

下に降ろしても黙ったままおハスねえさんにくっつき、やはりスカートを自らよじ登ってくるほどの甘えっぷり!おハスねえさんもお迎えした当日でメロメロになってしまったようです。

さらにこの子猫は、ご飯の時も「ちょうだい」と声を出すこともなく、黙ってご飯を待ち、食べるという本当におとなしい様子を見せていたそうです。病院で診察してもらっている時も、獣医さんの触診に対して喉をゴロゴロと鳴らす人懐っこい様子を見せるほど!獣医さんまでメロメロになっていたと言います。

鈴をつけた子猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/13811

しかし、先にお話ししたように、おハスねえさんは子どもの頃から何匹もの猫と暮らしてきた大の猫好きであり、猫経験者でもあります。「おとなしくて健康な、物わかりのいい子猫」なんてのは見たことがなかったおハスねえさん。あまりにもいい子すぎる目の前の子猫に対して、「何か裏があるのでは…」と思っていたそうです。

変化は突然に…3日目にして本性剥き出し!!

ケージの中から絶叫

出典:https://nekochan.jp/column/article/13811

「おとなしくていい子」を絵に描いたような子猫。しかし、家にやってきて3日目に、突如として本性を現し始めたのです!まず、今までおとなしかった子猫が突然、ケージの中から「出せー!!!」と柵部分に顔を突っ込みながら大絶叫し始めました。

さらにケージを出してあげると、先住猫用の大人用トイレに直行!勢いよく穴掘りを始め、砂を辺りに撒き散らかし始めます。暴れん坊行動はこれだけでは終わりません!

再びダーッと猛ダッシュしたかと思えば、ゴミ箱に戦いを挑み、続いて椅子、紙、置いてあった箱…と次々にヤンチャ行動を繰り出す子猫さん。お腹が空くと「早くご飯を!ご飯!ご飯!」と大騒ぎ!

初日はあれだけおハスねえさんにべったりだった子猫でしたが、抱っこすると「遊ぶんだ!」と大暴れして、スルッと抜け出て行ってしまいました…。やはりおハスねえさんの想像通り、「おとなしくていい子」の猫は幻想だったようです(笑)

そして現在

成長した子猫

出典:https://nekochan.jp/column/article/13811

現在、すでにこの子猫もすっかり成長し、美しくハンサムな猫さんに育っていると言います。最近では、子猫の頃のような暴れ方は減ったようですが、筋肉が発達し体のサイズ感も大きくなったことで、壁をダッシュするようになったそうです。

グレムリン?

出典:https://nekochan.jp/column/article/13811

また、おハスねえさんによれば「時々、映画『グレムリン』に出てきた悪いヤツのリーダーみたいな、腹にイチモツもニモツも抱えてそうな顔をすることもあり…これはこれで、かわいい」とのこと♪

素敵なご縁によって出会うことができた子猫ちゃんとおハスねえさん。これからも賑やかな家族として、楽しい日々を送ることでしょう。

こんな記事も読まれています

やせ細った若い野良猫は出産間近!生まれた『3匹の子猫』絆は結ばれたまま、幸せに!!

【トルコの『猫愛』半端ねぇ!】アパレルショップに猫が乱入した結果

Comment