留守番中のペットを退屈させない「8つの工夫」はこちらです!

なるほど

仕事などで留守にすると、自宅に残したペットのことが心配ですね。そんなあなたに、飼い主が長時間いなくても、犬や猫を退屈させない工夫の仕方をご紹介します。

飼い主の外出で寂しいペットのために

コロナ禍も落ち着いてきて、人々は自宅を留守にすることが多くなりました。同時に、飼い主と長時間一緒だったペットたちも、環境の変化に対応しなくてはならなくなりました。仕事中に、ペットが自宅で退屈していないか心配したくはないものですよね。

というわけで、飼い主がいなくてもペットを飽きさせない工夫が必要になってきます。たぶん基本的なルールは、みなさんご存じのことと思います。たとえば「じゅうぶんな餌と水を用意する」とか「出かける前に犬を運動させる」、あるいは「家の中に危険なモノを放置しない」などです。

これに加え、おもちゃや遊びの工夫の仕方についても知っていただきたいものです。以下では8つの工夫についてご紹介しています。

ちなみに留守中のペットのようすを確認したいという方には「グーグル・ネスト・カム」という警報装置付き監視カメラも有効です。仕事先からペットが遊ぶようすを観察したりできるのです。

工夫その1:安全な場所をつくっておく

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/how-to-keep-your-pet-entertained-while-home-alone

第1に重要なのは、「ペットを安全で快適な家の中で留守番させる」ことです。たとえば台所のような危険な場所には入らせないことです。犬なら居間だけにいるように囲いをし、お気に入りのおもちゃや心地よい寝床を置いておきます。猫なら、景色の見える窓辺に行けるようにし、体温で温かくなるタイプのマットを用意しておくのもよいでしょう。

工夫その2:おもちゃの中におやつを入れておく

中におやつが入れられるタイプのおもちゃは、ペットに人気です。犬ならゴム製のおもちゃの中にピーナッツバターなどの好物を詰め込み、前の晩に凍らせておくと、翌日はずっと舐めて楽しむことができます。猫の場合も同様におもちゃの中におやつを入れ、転がすと出てくるような工夫をすると、長時間楽しむことができるのです。

工夫その3:娯楽番組を用意する

信じられないかもしれませんが、犬や猫を楽しませ、落ち着かせるテレビ番組やユーチューブ、専用ラジオ局があるのです。犬には「ドッグテレビ」がいいでしょう。このテレビ局は犬を落ち着かせて安心させるような番組を放送しています。猫向けにもたくさんのユーチューブ・ビデオがあります。飛ぶ鳥の姿を映したものや、動く景色や猫の好きなゲームが見られるのです。

工夫その4:窓辺を「エンターテイメント」に変える

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/how-to-keep-your-pet-entertained-while-home-alone

窓の外に鳥の餌台を置いて、やってくる鳥たちを飼い猫が窓越しに見られるようにしてはいかがでしょうか。鳥も猫も満足しますよ。お金をかけずに猫を長時間楽しませてくれること請け合いです。

工夫その5:頭を使わせるおもちゃを交代で用意する

うまく動かすとおやつが出てきたり、パズルになっていたりして頭を使うおもちゃは、ペットも夢中になって遊んでくれます。遊びを通じて狩りの本能も刺激されます。そういうおもちゃを交代で用意してみるのもよい工夫です。犬にはゴム製やパズル式のおもちゃ、猫には迷路やおもちゃを隠した箱などを与えてはいかがでしょう?

工夫その6:「嗅覚訓練マット」や「爪とぎ付き寝床」を用意する

「嗅覚訓練マット」を楽しむ犬の姿は、本当にかわいらしいものです。犬が夢中で鼻を使ってマットの中に隠されたものを嗅ぎつけるところを想像してください。おやつをマットの上に撒いておけば、犬は楽しみながら嗅ぎまわります。猫の場合はキャットニップの臭いをしみ込ませた「爪とぎ付の寝床」もいいでしょう。家具をひっかいたりする心配も減ること請け合いです。

工夫その7:キャットニップを活用する

出かける前に、猫の寝床やあちこちの隙間、おもちゃなどに乾燥キャットニップを撒いておくと、猫は1日中臭いを探しまわって興奮し、あちこち転がったり舐めたりして楽しむことができます。出かける直前に、しまっておいたキャットニップ入りのおもちゃを転がしておくのも、猫にとっては新鮮な驚きになります。

工夫その8:追いかける本能を刺激する

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/how-to-keep-your-pet-entertained-while-home-alone

あなたのペットが追いかけることが好きなら、自動でジャンプしたり転がったりするおもちゃもいいですね。猫には、ランダムに止まったり動いたりするタイプがいいでしょう。狩りの本能が刺激されます。犬にはスマートフォンと連動した電気式のおもちゃが最適です。飼い主が携帯電話で操作することで、いろいろ動かせるおもちゃです。その姿を監視カメラで見られることができたら、なおすばらしいでしょうね。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/how-to-keep-your-pet-entertained-while-home-alone

こんな記事も読まれています

【朗報】”最強の仮病法”が発見される。その驚きの方法とは……

『こりゃたまらん!』お部屋にキャットニップを敷き詰めたら、限りない喜びに満ちた猫たち

Comment