「犬は物じゃない!」劣悪な環境の子犬工場から”350頭以上”の犬を救出

感動

劣悪な環境の子犬工場から、動物愛護団体『The Humane Society of the United States』が350頭以上の犬を救出しました。犬たちの姿に、ペットショップの在り方を考えさせられます。

「命」ではなく「物」の扱い

犬を抱っこする女性

出典:https://www.youtube.com/watch?v=FFtinxpaz3A

アメリカ・ジョージア州の子犬工場は、劣悪な環境の中、ただ子犬を生ませるためだけに犬たちを所有していました。

The Humane Society of the United Statesが所有する大型トラックに、救出した犬たちを乗せていきます。

手入れがされていない犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=FFtinxpaz3A

きちんと手入れがされていないのは一目瞭然。

屋外には、柵に囲われただけの空間にたくさんの犬たちがいました。

汚いクレートの中の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=FFtinxpaz3A

室内では、糞尿の掃除もされず汚れたケージに閉じ込められている犬たちの姿がたくさん見られました。

足をケガしている犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=FFtinxpaz3A

ケガをしていて治療が必要であるにもかかわらず、放置されている犬もいます。

子犬たち

出典:https://www.youtube.com/watch?v=FFtinxpaz3A

主に小型犬の子犬を大量生産していたということで、子犬たちの姿もありました。

安心する犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=FFtinxpaz3A

もちろん、体の大きい犬も…。

救出スタッフの姿を見て、何かを悟ったのかしっぽを振って喜んでいます。

すべての犬が救出され、治療を受けてから里親さん探しが始まります。

子犬工場とはこうした場所も珍しくなく、犬たちは「命」ではなく「物」として扱われています。

救出される犬たちはごく一部。多くの犬たちは幸せも喜びも愛情も知らないまま一生を終えていくことを忘れてはいけません。

実際にどんなひどい環境か動画をご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援にもつながります。

※こちらの記事は動画の制作・配信をしている団体より許可を得て掲載しております。
動画制作者:The Humane Society of the United States
掲載YouTubeチャンネル:The Humane Society of the United States

こんな記事も読まれています

アパートの下から子猫の鳴き声が!セメントで埋められた壁からの救出劇

母猫を亡くした密航者の「子猫」先天疾患が見つかり譲渡取り消しから、育て親として活躍

Comment