偶然通りかかった”工事現場”での出会い♡子猫は今では素敵な家族に!

迎えた子猫 感動
出典:https://nekochan.jp/column/article/16856

今回ご紹介するお話は「にゃんこの魔法瓶」さんと愛猫ちゃんが出会った頃のお話です。お仕事の途中で偶然立ち寄った工事現場で、職人さんから手渡されたのは、なんと小さな子猫!そんな子猫は今では素敵な相棒になっているとのことです♪その経緯をご紹介します。

仕事の用事で偶然通りかかった工事現場での出会い

にゃんこの魔法瓶さんは、普段は老人福祉のデイサービスで働いている方です。今回紹介する保護猫ちゃんと出会ったのは、デイサービスの仕事柄、お客様のお家を確認するために車を走らせていた時のことだったそうです。

床に伏せる猫

ある日、にゃんこの魔法瓶さんは、デイサービスで送迎を担当することとなるお客様のお家を事前に確認するため、カーナビを頼りに車を走らせていたと言います。しかし、1軒の見知らぬお家を探すというのは、意外と至難の業。いつの間にか迷ってしまい、とうとう日没を迎える時間帯となってしまったそうです。

困った状態に陥ったにゃんこの魔法瓶さんでしたが、近くを見ると、まだ作業を続けている人の気配がありそうな工事現場を発見しました。「教えてもらえないだろうか」と祈るような気持ちで工事現場へと足を運び、近くにいた職人さんに声をかけたにゃんこの魔法瓶さん。

すると、幸運にもそこの職人さんたちはとても良い人たちばかりでした。探しているお宅を尋ねると、職人さんたちも御お存知だったそうで、親切に教えてくれたそうです。

感謝の気持ちを述べながら、目的のお宅へと向かおうとするにゃんこの魔法瓶さんに、何やらニコニコと笑顔で近づいてくる職人さんたち。一体何が…と不思議に思っていると、職人さんの手の中には、1匹の可愛らしい子猫がいたと言います。

耳と鼻、足先、しっぽが黒い可愛らしいシャム猫で、猫好きなにゃんこの魔法瓶さんは喜んで抱っこさせてもらったそうです。子猫の温もりを感じていると、職人さんたちが「写真を撮ってあげる」と親切に写真撮影までしてくれたと言います。

もう手放せない!そのまま自宅へ連れ帰ることに♪

もうこの時には、自分の腕の中にいる可愛らしい子猫を手放せなくなっていたにゃんこの魔法瓶さん。

どうやらこの子は、工事現場で母猫が何匹が子猫を生んでしまい、そのうちの1匹だそうです。職人さんたちは母猫も含めてお世話をしていたそうで、里親探しまで合間を縫って行っていたのだとか!なんて優しい方々なのでしょう。

そして、にゃんこの魔法瓶さんが抱いていた子猫は、最後の1匹だったそうです。あれよあれよという間に、子猫を連れ帰ることが決定し、車に乗せていたというにゃんこの魔法瓶さん。

実は、この頃のにゃんこの魔法瓶さんは、愛猫を交通事故で亡くしたばかりで落ち込んでいたと言います。そんな中、奇跡的に出会った1匹の子猫…連れ帰る以外に選択肢はなかったことと思います。

保護猫をお迎えして大変なこと・良かったこと

迎えた子猫

にゃんこの魔法瓶さんは、保護猫をお迎えすることで、大変なことも良かったこともあると言います。

例えば、大変なことに『爪切り』があります。今まで何匹も猫を飼ってきたというにゃんこの魔法瓶さん。最初はみんな爪切りを嫌がったようですが、ある程度慣れてくると、スッと爪切りをさせてくれていたそうです。

しかし、出会った子猫は違いました。爪切りは断固距離、大暴れする始末…。また、病院も例に漏れず大嫌いなので、キャリーバッグに入れようとすると大暴れ!なんとバッグを噛みちぎろうとするのだとか!これはなかなかヤンチャなエピソードですね(笑)

ですが、大変なことばかりではありません。この頃、デイサービスの仕事を始めたばかりだったにゃんこの魔法瓶さんにとって、1日くたくたで帰ってきたところを、子猫が心を癒してくれたと言います。保護猫ならではの可愛さもあり、すっかりメロメロになってしまったそうです♡

まとめ

のんびりくつろぐ猫

現在、にゃんこの魔法瓶さんが迎えた子猫ちゃんは成長し、ご自宅の環境にも慣れ、呼ばなくても布団の中に入ったり甘えたりしてくるのだとか♡

もしもあの時、お客様のお宅までの道を迷っていなかったら…偶然、工事現場に立ち寄らなかったら…と考えると、本当に不思議で奇跡的な出会いだったと改めて思うとにゃんこの魔法瓶さんは仰っています。

こうした不思議なご縁には、何か運命的なものがあるのかもしれません。皆さんもペットショップからではなく、ぜひ保護猫ちゃんとの出会いを考えてみてはいかがでしょう。

こんな記事も読まれています

珍しい猫種ライコイに一体何が?信じられないほど爪が伸びた猫を保護

洞窟の中に大勢の子犬が!?狭い穴に入り込んでの決死の救助活動!!

迎えた子猫

Comment