警戒して「ごはんすら食べなかった」犬が辛抱強くトレーニングした結果がこちら♡

感動

大阪府富田林市で保護犬シェルターと犬の問題行動に対応するリハビリセンターを運営しているポチパパさん。犬の殺処分数を0にしたいと日々活動しているポチパパさんの元に、この日は保健所から救い出された『梅干し』くんがやってきました。激しく威嚇を続ける梅干しくんの理由は…?

激しく唸る、吠える、噛む…梅干しくんに愛情を!

威嚇する梅干しくん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=P_PWXNr04XU

保健所に収容されていた『梅干し』という名前の保護犬。ポチパパさんやスタッフさんたちがお迎えする当日も、唸る、吠えるといった激しい攻撃的な態度をクレートの内側から見せていた梅干しくん。とにかく激しい威嚇行為が多いため、触れることはもちろん、近づくことすら難しい状況でした。

ごはんも警戒して食べない梅干しくんに声をかけるスタッフたち

唸る梅干しくん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=P_PWXNr04XU

クレートの中に入っていた梅干しくんは、人間に対しての不信感がよほど強いようで、ごはんを差し出しても警戒して口にをつけようとしません。

スタッフたちが優しく声をかけてもまったく聞こうとはせず、とにかく唸る、吠えるといった威嚇行為を続ける梅干しくん。

しかし、そんな梅干しくんに対して、スタッフたちは笑顔で「なんでそんなに怒るんかなぁ」と柔らかい声をかけ続けます。梅干しくんに対して必要以上に恐怖を感じることはなく、落ち着いて対応している姿勢に驚きです!

帰宅してからもクレートから出すことすら難しい状況

噛みつこうとする梅干しくん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=P_PWXNr04XU

キャリーケースに入れて帰宅した後も、梅干しくんの態度は変わりません。クレートに手を近づけると「やめろ!」「何をする気だ!」とでも言いたげな様子で、吠えたり噛みつこうとしたりする様子が見られます。

動画では、キャリーケースから出すことはできず、慎重に対応している様子が窺えます。この後、キャリーケースから出すことに成功し、ポチパパさんによって愛のあるリハビリトレーニングが開始されたとのことです。

リハビリを続けた梅干しくん…衝撃の変化にほっこり♡

柔らかい表情の梅干しくん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=P_PWXNr04XU

こうしてポチパパさんの元で愛情を受けながらリハビリトレーニングを続けた梅干しくん。もちろん、威嚇行動がすぐに治るとは考えづらいので、最初の頃は、ポチパパさんも大変な思いをしながら、諦めず、じっくり愛情を注いでいったのでしょう。

すると、リハビリトレーニングが順調に進んだafter動画では、すでにポチパパさんに信頼を寄せているような柔らかい表情を見せる梅干しくんの姿が♡あまりの変貌ぶりに、最初にやってきた保護犬とは別の犬だと錯覚してしまうほどです。

パパさんに甘える梅干しくん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=P_PWXNr04XU

ポチパパさんに頭をスリスリさせたり、お尻を擦り付けたりと多くの愛情表現や甘え方を見せる梅干しくん。すっかりポチパパさんに懐いた様子を見せる梅干しくんの姿に、思わずほっこり、涙が溢れそうです。

まとめ

笑顔の梅干くん

出典:https://www.youtube.com/watch?v=P_PWXNr04XU

動画の最後では、ポチパパさんも「全然ええ子やで」「ちょっと怖かっただけやな」と優しい笑顔で語りかけています。そう、梅干しくんは人間に対して恐怖心を抱いていたため、自分の身を守ろうと威嚇行動を起こしていただけなのです。

ポチパパさんにたっぷり愛情を注いでもらったことで、人間に愛されること、そして人間を信頼することを覚えたのでしょう。こんなにも素晴らしいリハビリトレーニングをしているポチパパさんは、梅干しくんの他にも多くの保護犬たちを救っています。

動画では、梅干しくんのビフォーアフターを観ることができるので、ぜひ直接動画を視聴し、今後のポチパパさんの活動支援に繋げてくださいね!

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

こんな記事も読まれています

これが動物保護の現実…犬猫の保護活動の裏側は困難続き。1匹の命を救うのは簡単じゃない!

「飼い主の引っ越し」を理由に捨てられた母猫と赤ちゃん6匹を無事に保護

Comment