「凶暴すぎる」と殺処分を言い渡された犬に愛の手を!リハビリ後の変貌に驚き!

カネコルソの横顔 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=Mif8XeX9sOc

大阪府富田林市で保護犬シェルターと犬の問題行動を改善するリハビリセンターを運営しているポチパパさんは、日々問題を抱えた多くの犬たちを救っています。今回は、相談しに行く先々で殺処分しかないのでは…と非情な決断を迫られた『イタリアン・カネ・コルソ』という犬種のトレーニング事例をご紹介します。

リード装着も命懸け…凶暴すぎるティートくん

凶暴なカネコルソ

飼い主さんが「どうにか助けてほしい」とポチパパさんの元に連れてきたのは、『イタリアン・カネ・コルソ』という犬種のティートくん。リード装着も命懸けなほど凶暴化しており、迎え入れた当日は、とにかく大変な状態でした。

リハビリをするために、まずはティートくんを落ち着かせる必要があったため、口輪をしてのリハビリトレーニングから始めなければいけないほどです。

恐ろしいまでに凶暴化してしまったティートくんですが、飼い主さんは「どうにか一生面倒を見てあげたい」「一緒に暮らしたい」と願い、ポチパパさんへと助けを求めたのです。ポチパパさんはそんな飼い主さんの思いに応えるため、約2ヶ月間、ティートくんのリハビリトレーニングを続けていたのです。

○2ヶ月後、驚きの変化を見せていたティートくん

甘えるティートくん

トレーニングを開始してから約2ヶ月後、なんと動画では、おとなしくポチパパさんの隣に座ったり、甘えるように頭を撫でてもらうティートくんの姿が!!

2ヶ月間、諦めずに愛情を注ぎながらふれあいを大事にしてきたことで、ティートくんの心情を読み解くことを心がけたというポチパパさん。その結果、多くのトレーニング施設で殺処分を言い渡されたティートくんは、見事凶暴性が下がり、甘えん坊なわんこへと変貌を遂げたのです。

頭を撫でてもらうティートくん

ポチパパさんは、アメリカのカリスマドッグトレーナーとして知られている『シーザー・ミラン』氏の名前を挙げながら、このように仰っています。

「もしこれがシーザー・ミランなら…きっと、その場で…1日で改善していたであろうと思います。僕は2ヵ月もかかっちゃいましたけど…。だからこそ、飼い主さんの拠り所であるトレーナーやブリーダーは安易に『殺処分』という言葉を口にしてほしくない…最終決断を下すべきではなく、自身の技術では対処できないと言ってほしい」

問題行動を抱える犬の飼い主さんの多くは、自分の大切な愛犬と穏やかで愛情のある暮らしを求めて、プロであるドッグトレーナーさんの元へと相談に行きます。

しかし、今回のティートくんのように、頼りにしていたはずのドッグトレーナーにさえ「殺処分」という最終決断を言い渡されてしまう状況は、「もう後が無い」と飼い主さんを追い詰めてしまうことになりかねません。その結果、飼い主さんによっては間違った決断を下してしまう人もいるかもしれないのです。

周辺を散策するティートくん

ポチパパさんは、凶暴性を持っていたティートくんにも愛情深く接し、諦めず根気強く心に寄り添ったことで心を開かせ、落ち着いて人間と接することができるように改善してくださいました。

このように、時間はかかっても心を通い合わせることで、問題行動を改善することができる犬が大半なのです。簡単に殺処分したり、殺処分される場所に送ってはいけないということを、改めて認識させられます。

最後に

笑顔のティートくん

今回、ティートくんは飼い主さんの強い思いによって、ポチパパさんの元へと連れてきてもらうことができました。ポチパパさんも「飼い主さんのティートくんと生きていたいという強い思いがなければ、すでに殺処分されていたかもしれない」と仰っています。

動画では、ティートくんが少しずつ人に慣れている最中である様子も記録されており、この日、施設に訪れていた人が名前を呼ぶと駆け寄っていく姿も見られました。このままトレーニングが進み、問題行動が改善されることで、飼い主さんが望んでいた一緒に暮らすという展開が訪れることでしょう。

その時まで、ティートくんはポチパパさんの元で愛情を注がれながら生活していくと言います。飼い主さんと再び暮らせるように祈っております。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

ポチパパ ちゃんねる【保護犬達の楽園】

▼▼ Facebook ▼▼
https://www.facebook.com/yoshihiro.kitamura.121

▼▼ Twitter ▼▼
https://twitter.com/pochipapa_

こんな記事も読まれています

「お兄ちゃん、帰ってくるって」シニア犬とシニア猫は玄関前でひたすら待つ【感動】

引っ越した新居の納屋には『猫ファミリー』が居住中!彼女たちは寒い冬と運命を乗り越えます

カネコルソの横顔

Comment