1kgにもおよぶ足の『悪性腫瘍』を2年間も放置された犬を保護。飼い主は逮捕されるも…

感動

動物愛護団体R『SPCA (英国王立動物虐待防止協会) 南オーストラリア』が保護した飼い犬は、足に1kgほどの巨大な悪性腫瘍を抱えていました。2年間も治療をせずに放置されていた犬がやっと救出され…

飼い犬に適切な治療を施さず2年間も放置

犬の顔

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OpvX4l7kQ54

これは『ビンディ』のお話です。

ビンディは飼い犬でしたが、南オーストラリアのRSPCAが保護をしました。その理由は…

犬の足

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OpvX4l7kQ54

RSPCAのインスペクターが家を訪問すると、門に近寄ってきたビンディ。

門の下から見えるビンディの足には大きな腫瘍があり、破裂もしていました。これは、長い間放置されていたことが明らかです。

保護する経緯は明らかではありませんが、恐らく誰かが通報したのでしょう。

保護された犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OpvX4l7kQ54

こうしたことから、ビンディはRSPCAによって救出される運びとなったのです。

動物虐待の罪で逮捕された飼い主

ニュース画像

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OpvX4l7kQ54

ビンディのことは瞬く間に広がり、元の飼い主の裁判はテレビニュースになりました。

犬のビンディの足にできた約1kgの腫瘍が徐々に大きくなっているのを2年以上放置したとして、動物虐待の罪に問われた飼い主に対し、裁判官は「許し難い虐待である」 と述べました。

しかし、3人の子供の父親であり孫を持つその飼い主は、3ヵ月の執行猶予を言い渡され釈放されました。

出典:Bindi the staffy’s road to recovery: Part 1

裁判官は虐待であると認めつつも、執行猶予で釈放されたのです。

ニューズ画像

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OpvX4l7kQ54

この判決には、多くの人が疑問をもったことでしょう。

ビンディの足の状態は…

手術される犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OpvX4l7kQ54

ビンディは診察を受け、足の腫瘍に血液が流れ込んでいて貧血を起こしていたこともわかりました。

足にできたこれだけ大きな腫瘍を取り除くのは困難なことでしたが、獣医師はビンディのためにも手術を決行したのです。

2年間も放置され、巨大化してしまった腫瘍。

痛みや貧血に耐えながら、暮らしていたビンディに胸が痛まずにはいられません。

果たしてビンディはどうなってしまうのでしょうか。その後のお話は、後編でご紹介します。

手術までのビンディの様子を実際に動画でご覧くださいね。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:RSPCA South Australia

RSPCA South Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcasa.org.au/

こんな記事も読まれています

珍しい猫種ライコイに一体何が?信じられないほど爪が伸びた猫を保護

まるで別猫!怯えきっていた『野良猫』男の子が愛を伝えレスキュー♡甘える姿に感動!!

Comment