【足を縛られた状態】でゴミ袋に入れられ捨てられていた犬…救出後の様子に涙

感動

ある日、2人の女性がイタリアのメッシーナという地域の川付近で恐ろしい光景を目にしました。連絡を受けたアニマルレスキューのリンダさんが急いで向かうと、そこには…。あまりに衝撃的で思わず顔を顰めてしまう惨状と向き合ったリンダさんの体験談をご紹介します。

川付近で見つけたゴミ袋…中からは犬の鳴き声が!

ゴミ袋の中に捨てられていた犬

出典:https://www.okchicas.com/naturaleza/animales/maravillosa-transformacion-perro-abandonado-tirado-basura/

イタリアのメッシーナという場所に流れている水かさの減った川を歩いていた2人の女性は、つまずいたゴミ袋から鳴き声が聞こえることに気づいきました。驚いてゴミ袋を引きちぎり中を確認すると、そこにはあまりに酷い状態で押し込められた犬が捨てられていたのです。

アニマルレスキューに救助

出典:https://www.okchicas.com/naturaleza/animales/maravillosa-transformacion-perro-abandonado-tirado-basura/

黒い袋の中に入れられていた子犬は、なんと電気コードで足を縛られ、逃げられないようにされていたのです。

それだけではありません。子犬は死んだ子牛と一緒に袋に押し込められていたのです。あまりに酷い状況に、子犬を発見した女性たちは衝撃を受けたと言います。

女性たちはすぐにアニマルレスキューに連絡を入れ、発見した子犬に『オリヴェリオ』と名前をつけてくれました。

到着したアニマルレスキューのボランティアであるリンダさんは、子犬のひどい状態に唖然としたそうです。ノミがたくさん寄生した体からは水分や栄養分が失われ、脱水症状と栄養失調を同時に併発していたのです。

そのため、すぐに新鮮な水を与え、病院へ搬送することになりました。

病院でしっぽを振って人を受け入れてくれる子犬

病院に搬送された犬

出典:https://www.okchicas.com/naturaleza/animales/maravillosa-transformacion-perro-abandonado-tirado-basura/

病院に到着し診察を受けると、子犬の後ろ足には外傷があることが判明しました。前の飼い主に暴力を受けていたのでしょうか。それとも、長時間電気コードで足を縛られていたためでしょうか…。

この怪我により、彼の後ろ足は麻痺するかもしれない可能性が指摘されたのです。

しかし、これだけ人間に酷いことをされたオリヴェリオでしたが、助けてくれたことに感謝してくれたのでしょう。獣医師やアニマルレスキューのリンダさんにしっぽを振ってくれたと言うのです。

なんて心優しく穏やかな子なのでしょうか。こんなに愛らしい子を虐待した人間を許すことはできません。

元気になったオリヴェリオ

出典:https://www.okchicas.com/naturaleza/animales/maravillosa-transformacion-perro-abandonado-tirado-basura/

幸いにも、オリヴェリオは早期治療により後ろ足の麻痺を逃れ、健康な体へと回復しました。あと数日、発見が遅ければ、栄養失調や脱水などの症状により命を失っていたかもしれません。彼を救ってくれた女性たち、そしてアニマルレスキューの方々、獣医師の方々には感謝しかありません。

その後

新たな家族と一緒に

出典:https://www.okchicas.com/naturaleza/animales/maravillosa-transformacion-perro-abandonado-tirado-basura/

その後、オリヴェリオは持ち前の優しさと穏やかさ、そして人懐こい性格が愛され、素敵な里親さんに引き取られることになりました!里親さんのお家では、今までの不幸な体験を少しでも払拭できるよう、たくさんの愛情を注ぎながら必要なケアも行っているということです。

新たに本当の幸せを掴んだオリヴェリオが今後も里親さんの元で素敵な生活を送ることができますように!

こんな記事も読まれています

【おつかい犬】コロナで外出できないお婆ちゃんに「食料品」を届けにいくゴールデンレトリバー

【間一髪!奇跡のレスキュー】ゴミ袋に入れられて棄てられた『猫』ゴミ処理場から生還

Comment