事故で【下半身まひ】になり歩けなくなった犬。しかし懸命な治療によって奇跡が起こる!

毛布に包まれる犬 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

インドの『Animal Aid Unlimited』に「歩けなくなっている犬がいる」との通報が入りました。どうやら犬は事故に遭ってしまったようで、Animal Aid Unlimitedが駆けつけた時には歩けず路上に横たわっている状態でした。懸命に治療を施しますが、一生麻痺が残るかもと言われた犬の結末をご覧ください。

事故に遭い歩けなくなった犬を保護…医師は諦めず治療を続けた

事故にあった犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

インドにある『Animal Aid Unlimited』に、1本の連絡が入りました。依頼主は「歩けなくなった犬がいる」と言っており、早速職員が現場へと駆けつけることに。すると、そこには親切な近所の方々から「体が冷えないように」と毛布や服もらった犬が横たわっていたのです。

事故に遭い体重を支えられなくなっていた

自力で立てない

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

状態を確認しようとしたところ、どうやら事故に遭ったことで、自分の体重を自分の足で支えられなくなっていたようです。職員の方が手助けしながら立たせてみようとしても、まったく後ろ足に力が入っていないことがわかります。

怪我をしていた犬を抱え、治療する場所へと運び込む職員さん。その間も、犬は特に抵抗する様子を見せることもなく、おとなしく従っていました。どうやら穏やかな性格の犬のようです。

簡易施設内のベッドに横たわらせ、女性が優しく撫でてあげると、彼が全身を硬直させていることに気づきました。全身に痛みを感じているため、体が強張ってしまっている状態のようです。早めに処置を施す必要があります。

背骨の損傷により麻痺が一生残る可能性も

診察

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

診察を進めていくと、彼は事故によって背骨を損傷している状態であることが判明しました。また、怪我は後ろ足まで影響しており、そのために足が麻痺している状態です。かなり重症なので、もしかすると麻痺が一生残るかもしれない…と一時は絶望的な状態でした。

しかし、獣医師たちは諦めませんでした。彼にどうにか回復してもらいたいと懸命にマッサージを施したり、理学療法を行ったりと様々な方法でアプローチしていったのです。

流動食を口にする犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

獣医師たちの必死さが伝わったのでしょう。怪我をした犬も彼らの期待に応えるように、できる範囲で流動食を口にしてくれるようになったのです!これは大きな進歩です。

しかし、懸命に処置を施し、犬も頑張って流動食を口にしていましたが、3週間が経ってもなお、歩くことができない状態でした。

諦めきれない!治療を懸命に続けた結果…

3週間後も歩けない

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

3週間が経過しても状態が回復する兆しが見えなかった犬。しかし、それでも獣医師たちは諦めきれませんでした。それは、彼が獣医師たちの期待に応えようと頑張る様子を見せてくれていたからかもしれません。

「もしかすると、彼はこのまま回復できないかもしれない…」そんな考えが獣医師たちの頭をよぎったことも少なくなかったと言います。しかし、彼らの考えは間違っていたことが後にわかります。

歩くことができるようになった犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

なんと6週間後、奇跡的に彼は自らの力で歩くことができるようになったのです!!

「バスター」と名付けられた犬は、嬉しそうに周辺を歩き回ったり、自分から職員さんに近寄り甘えるような仕草を見せたりと、歩けるようになったことを喜んでいる様子を見せています。

甘える犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

これも諦めずに「犬を助けたい」という強い気持ちで治療を続けてくれていた獣医師さんや職員さん、そしてその期待に応えたいと強い意志を持って取り組んでいたバスターの頑張りのおかげですね!

まとめ

元の場所で幸せそうなバスター

出典:https://www.youtube.com/watch?v=1Vq_9LcJkc8

その後、回復したバスターは、元々住んでいた優しい人々が待つ場所へと帰ることができました!もしかすると「地域犬」として、近所の方々に愛情を注がれていた犬だったのかもしれません。最後の映像では、すっかり足が回復し、とても幸せそうな表情で近所の方々と触れ合っている様子が映し出されています。

どんなに絶望的な状況でも、諦めずに「助けたい」という気持ちで向き合うAnimal Aid Unlimitedの方々の活動に胸を打たれます。ぜひバスターを救う過程を動画でもご視聴ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Animal Aid Unlimited, India

こんな記事も読まれています

「夜中に猫がしていたことは…」思わず胸キュン!密かに飼い主を守っていた猫の行動

『顔が醜い』ため安楽死寸前だった犬クレオは今も元気に飼い主募集中!

毛布に包まれる犬

Comment