目覚めたら隣に【見知らぬ犬】がいた!夫婦の驚きの体験がネット民に大ウケ!

感動

ある朝目覚めたら、横には見知らぬ犬が寝ていました。驚いた夫婦はそれでも犬を暖かく受け入れ、飼い主探しを始めます。その結果、飼い主と夫婦は仲の良い「犬の親友達」同士になったのです。

ベッドに見知らぬ犬が

朝起きたら、横に見知らぬ生き物が寝ていたら、あなたはどうしますか?驚いてベッドから転げ落ちてしまうかもしれませんね。でもこの夫婦は違ったのです。

出典:https://www.boredpanda.com/dog-sneaks-into-neighbors-bed/

2人の間にはさまって寝ている見知らぬ犬を発見したこの夫婦は、少しもたじろぎませんでした。

5月上旬の朝のことです。ジュリー・ソーントン・ジョンソンさんが目覚めると、横に大きな茶色の犬が横たわっていて、しかもいびきをかいて眠っているのを発見しました。これまで見たこともない犬です。

夫婦の3匹の飼い犬ではありません。ツェペリン、ホリース、ジュピターの3匹は、たまにベッドで一緒に眠ることがありますが、今回は違いました。

出典:https://www.boredpanda.com/dog-sneaks-into-neighbors-bed/

「『この犬はどこの子?』と夫が尋ねました。その後10秒間、わたしたちはお互いを見つめあったまま言葉も出ませんでした。やっと『うちの犬じゃないわね』と答えたのです」といのはジュリーさんです。

2人が戸惑っている間も、犬は気持ちよさそうに眠っています。

飼い主探しをスタート

出典:https://www.boredpanda.com/dog-sneaks-into-neighbors-bed/

「驚きはしましたが、夫のジミーはモノに動じない性格だし、生き物が好きなので、やがて犬に寄り添ってまた眠り始めました。まるで自分の飼い犬のように。いま思うと、適切な行動だし、すごく愉快だったと感じています」

犬はすっかり安心して危害を加える気配もありません。そのため夫婦も落ち着いて対応ができました。

「この犬は枕に寄りかかって満足げでした。ただここでくつろぎたかったみたいです」

出典:https://www.boredpanda.com/dog-sneaks-into-neighbors-bed/

外は強い嵐でした。きっと犬は外をさまよっていて、避難場所を探していたのでしょう。ジュリーさんたちはうっかり裏口ドアを半開きにしていたので、そこから犬が入ってきたのだと思われます。

夫婦はそのまま犬に寄り添いながら、どうやって飼い主を探そうかと考えました。まずジュリーさんが犬の写真を撮って、フェイスブックにこう投稿しました。

「目覚めたとき、飼い犬が横にいるのは普通のことですが、今回は見知らぬ犬がベッドにいました。しかもどうやってうちにやって来たのかもわかりません。ずいぶん変な投稿だと思いますが、一体どなたの飼い犬でしょうか? 犬は全然答えてくれません。もうひと眠りしたら、教えてくれるかしら…?」

飼い主が見つかった!

その後もいくつか写真を投稿したジュリーさん。これには多くのネット民が注目しました。

その後、心配していた飼い主から連絡が入りました。フェイスブックに掲載された続報には「この犬の名はナーラというそうです。飼い主の女性が迎えに来てくれることになっています。数キロ離れたところに住んでいるそうです。うまくうちのベッドから引きずり出してくれるといいですよね」とあります。

出典:https://www.boredpanda.com/dog-sneaks-into-neighbors-bed/

この犬は、前日の散歩中に行方不明になっていたそうです。嵐が来て、自宅が見つからないので、ナーラは他人の家に避難したのでしょう。

「ナーラには、うちが安全な場所だとわかっていたのでしょうね。飼い主が迎えに来たときは、感動の再会でしたよ」とジュリーさん。やっと飼い主に出会えて、双方ともずいぶん安心したことでしょう。

「他人の犬を家に入れるなんて変だという人もいますが、嵐の中で放置するわけにはいきません。何事も『情けは人のためならず』ですよね」

この出来事をきっかけに、家族同士はよい友達になりました。

「わたしたちはフェイスブック友達になりました。目覚めたときに他人が横にいるのはよい体験とはいえませんが、それでもナーラのような犬なら大歓迎です」とジュリーさんはいいます。

家族は友達同士に

出典:https://www.boredpanda.com/dog-sneaks-into-neighbors-bed/

それから数日たって、家族同士は犬たちとともに外出し、お互いのことをより知ることができたそうです。

「留守の間、犬の世話係が必要なときは、わたしたちができます。今回の経験から信頼してもらえることと思います。逆にこちらが必要なときは、フェリシアさんたちにお願いするつもりです。これからも長くお付き合いできる友人関係になりました」とジュリーさん。

フェイスブック上の投稿は3万回も閲覧され、その数はいまも増え続けています。

「きっとネット民たちは悲観的なニュースでなくて、心温まる話題を求めているのでしょう。今回の体験談はずいぶん話題になったようです。寝間着姿のわたしが眠そうな目で他人(他犬)と抱き合っている姿が、世界中の人に知られてしまいましたね(笑)」とジュリーさんは投稿しています。

ナーラの飼い主もフェイスブック上に次のような投稿しています。
「社交的な愛犬ナーラは、またまたマジシャンみたいな不思議なやり方で他人の家庭にしのびこんでいきました。ジュリーさん、ナーラを守ってくれてありがとう。自分の犬のように世話をしてくれて、わたしたちを探し出してくれましたね」

夫婦の行動に賞賛の声

出典:https://www.boredpanda.com/dog-sneaks-into-neighbors-bed/

ジュリーさん夫婦の3匹の飼い犬はいずれも保護犬だったそうです。ナーラが突然やってきたときも、夫婦は愛情をもって受け入れました。でもこのあたりには野良犬が多いそうで、
必ずしも近所のみんなが夫婦のようなやさしい態度ではないようです。ナーラはとても幸運でしたね。

人々はこんな感想を寄せています

・すばらしい話ですね。人間性あふれる経験です

・こうやって犬が住み着くようになるのね

・同様の経験があります。塀の隙間から入ってきた犬が台所にいました。それ以来我が家に住み着いています。飼い主を探しましたが、見つからなかったので、うちで飼うことにしたのです

・すごくいい。犬好きの家庭を見つけて避難するとは、犬のほうも賢いね。心配していた飼い主も安心したことだろう。めでたし、めでたし

・飼っている3匹の犬が吠えなかったのは不思議ですね。社交的な犬だとわかったのかな?

・愉快な楽しい話ですね

・すばらしい。ナーラをみつけたときの夫婦の反応が見事だ

・ナーラはかわいい犬ですね。こんな子がベッドにいたらうれしいわ。愛犬のルーシーには怒られるかもしれないけれど

・すてきな話です。家族同士も知り合えて、ナーラも自宅に戻れて、いうこと無しですね。これからも友情が続きますように

・パートナーが反対するのでうちでは犬を飼えないのですが、この方法がありますね。ある日目覚めたら犬がベッドにいた…これならOKかも

・すばらしい人々、そしてかわいいナーラ! たっぷり笑わせてもらいました

・やっぱり犬のためにキングサイズのベッドが必要ね

もっと画像を見たい方はこちら

出典:https://www.boredpanda.com/dog-sneaks-into-neighbors-bed/

こんな記事も読まれています

『お前ら…なんて酷い事を』猫のぬいぐるみ で遊ぶ犬達を目撃してしまった猫さん表情が強ばる

【猫 備えつき物件?】家を購入したら『猫が先に住んでいた』これがNNNのやり方なのか…!

Comment