【衝撃】人工授精の影響か?インドで「2つの顔」をもつ仔牛が誕生

驚き

インドでこのほど「2つの顔」をもつ仔牛が誕生し、人々を驚かせています。頭が極端に思いため立ち上がることのできない仔牛には、4つの目と2つの耳と鼻があります。

牛の赤ちゃんには2つの頭が!

出典:https://metro.co.uk/2022/01/24/extremely-rare-baby-cow-with-two-heads-born-in-india-15978575/

インド北東部で、突然変異によって2つの頭、4つの目、2つの鼻と口をもつ仔牛が生まれました。

トリプラ州アマプールの農場で撮影されたのは、側面でつながった2つの顔をもつ仔牛が、その重さのためになかなか立ち上がれないでいる光景です。そのあと男性が、横たわっている仔牛に哺乳瓶でミルクを飲ませています。

この牛は「多頭症」といわれる状態で生まれました。頭蓋骨がつながっていて、4つの目と2つの耳を持っています。

ここ10年以上では珍しい症例

動物資源局の副代表プリタム・サルカル医師は、この10年から15年の間では、このような症例は見たことがないと述べています。
「ごくめずらしい症例です。きっと生存率は低く、38%ほどでしょう。仔牛を救うのは難しいと思われます。2つの頭があって、耳が2つ、目が4つもあるのですから」

農夫のチャイタナ・ダスさんは、インド政府の主導する「ムキャマントリ・ウノト・ゴドハン・プラカルパ」計画に従って人工授精を行っていました。これによってミルクの生産量が増大するというふれこみだったのです。コストのかかる雄牛を多く保有していなくても、牛の数を増やせるはずでした。

多頭症は受精卵が分離せずに成長するか、頭の大きさを規定する遺伝子の誤作動によって起こるものとされています。

ほかにも同様の症例が

実は数週間前にも、南インドのガンガイコンダンで同様の症例が報告されています。

昨年4月には北マセドニアのラゼック村で、2つの頭をもつ牛が誕生したとの報告もあります。その時点で、バスコ・ぺトゥロブスキ農夫は、「獣医の診断で正常な機能を持っていることが判明したため、仔牛をこのまま育てていく」と語っていました。

しかし、これら多頭症の仔牛たちがその後も生き延びたかどうかは不明です。

動画はこちら

出典:https://metro.co.uk/2022/01/24/extremely-rare-baby-cow-with-two-heads-born-in-india-15978575/

こんな記事も読まれています

『お前に私が飼えるのか?』コミュ障、世界最恐の猫として紹介されたパーディータ様が大人気

『やっといたけど?』会議の資料がニャンサムウェアに書き換えられる事件が発生し、飼い主さん戦慄に襲われる

Comment