「もう動けないから」脳障害で深刻なダメージを負った猟犬はハンターに捨てられた

立てない元猟犬 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

「脳障害により動けなくなったから」という理不尽な理由で、野原に捨てられてしまった元猟犬の「ピッパ」。脳障害だけでなく、さまざまな部分に病気が確認され、保護団体や獣医師、里親さんの力を借りて少しずつ回復していきました。しかし、ピッパの体はあまりにもダメージを受けすぎていたのです。

「動けないから」と捨てられてしまった元猟犬「ピッパ」

ピッパ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

野原に動けない状態で捨てられていたところを発見された「ピッパ」は、ハンターに猟犬として使えないからという理由で捨てられたと思われます。自力で歩くことも立つこともできない状態だったため、保護団体『LetsAdopt』が保護し、病院へ連れて行くことにしました。

診察と検査によりあまりにも酷い状態であることが判明

自分で歩くことができない

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

病院に到着し、ピッパの状態を知るために診察やあらゆる検査が行われました。ピッパは到着時、自力で立つことすらできず、看護師に支えられながらようやく立っていられることができる、という状態でした。

また、全身の骨が浮き出るように見えているため、栄養失調状態に陥っていることがわかります。もしかすると、野原に捨てられてから、かなりの日数が経過していたのかもしれません。動けない体では、食糧を探そうにも探せません…。元飼い主の行為はあまりにも残虐です。

MRI

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

歯の状態は悪くありませんが、MRIで脳を検査したところ、損傷している箇所があることが確認できました。この損傷による脳障害が原因で、体が麻痺している可能性が疑われます。

手術

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

その後も全身の検査が行われ、ピッパは命が危険な状態であることが判明。すぐに手術が行われました。動画でも多くの獣医師や看護師が関わっていることがわかります。多くの人たちがピッパに助かってほしいと願っているのです。

一命を取り留めたピッパに愛の手が差し伸べられる

撫でてもらうピッパ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

獣医師たちの懸命な施術により、一命を取り留めたピッパ。麻酔から目が覚める頃には、ピッパの体を優しく撫でて寄り添ってくれる女性がいました。そう、この人は、ピッパを家族として迎え入れてくれる女性です。

すでに女性に対して安心感を抱いているようで、ピッパは撫でてくれる手に顔をすり寄せ、そのまま安心したように眠りに落ちて行きました。

再び目が覚めると、女性に触れられることが嬉しいようで、しっぽをぶんぶんと元気に振りながら甘える様子を見せるピッパ♡これからは、こちらの女性のご自宅で、リハビリを受けながら幸せな日々を過ごすことになります。

病院からお家へとお引越し!

病院から女性のご自宅へと移る日、多くの獣医師や看護師たちと別れの挨拶をするピッパ。命を救ってくださりありがとうございます!

サプライズプレゼント

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

さて、新たな家族となった女性からは、素敵なサプライズが!なんとピッパのために、快適なキャリーケースが新調されていたのです♪これなら歩くことが難しいピッパでも、お外を楽しくお散歩できますね!

嬉しそうなピッパ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

女性宅には、他にも先住犬がいます。みんな優しくピッパを迎えてくれたため、ピッパも友達ができて嬉しそうです♡

元飼い主にあれほど残虐な扱いをされたにも関わらず、ピッパは新たな家に馴染もうと家族に愛情を向けています。そんなピッパに家族や他の犬も愛情を注いでいる様子が動画からもわかります。

楽しそうに散歩したりリハビリに取り組んだり…

キャリーでお散歩するピッパ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

その後も動画では、ピッパがキャリーケースに乗りながら散歩を楽しんでいる様子や、プールのあるリハビリ施設で、少しでも筋力がつくようにとリハビリに取り組んでいる様子などが映されています。

どのピッパも表情がとてもイキイキとしていて、新しい家族にたくさんの愛情を注がれながら、素敵な日々を過ごしている様子が窺えます。

その後

緊急搬送されたピッパ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=tNUo64NKAfU

楽しい日々を再び過ごせるようになったピッパでしたが、残念なことにその後、肺炎を発症し亡くなりました。病院に緊急搬送され、酸素吸入などを施してもらいましたが、再び体を回復するほどの体力と気力は残っていなかったのです。きっと保護時には、すでに体力を消耗しきっており、病状もかなり悪化していたのでしょう。

しかし、最期に女性のご家族と一緒に幸せな日々を再び過ごせたこと、そして最期の瞬間までひとりではなく、女性や家族が傍に寄り添ってくれたこと、優しく撫でて愛情を注ぎ続けてくれたこと…どれもピッパにとって、愛情深い喜びに満ち溢れた時間だったに違いありません。

残念ながら、ピッパは1週間後、天国へと旅立ちました。ピッパに愛情を注ぎ続けてくれた女性の隣で。

再び回復することができず、長く生きることができなかったことは非常に残念です。なぜ動けなくなったからと、誰もいない野原にピッパを捨てたのか、飼い主の気持ちを理解することはできません。

しかし、それでも再び生きたいと強く願うピッパに、多くの人が助力し、一時的に命を繋ぎ止め、再び幸せな時間を過ごすことができたことは、ピッパにとっても大きな救いだったことでしょう。しっぽを嬉しそうに大きく振るピッパを見ると、そう願わずにいられません。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Viktor Larkhill (LetsAdopt)

こんな記事も読まれています

大きなお友達!小さな子猫はゴールデンレトリバーと仲良し

誰からも見向きもされなかった”タキシード猫”は保護されて幸せに

立てない元猟犬

Comment