『レンチで殴られ血を流す犬』を発見し保護!DNA鑑定で飼い主の犯行を特定成功

感動

『RSPCA Western Australia (英国王立動物虐待防止協会)』の元に、ひどく怯えケガをした犬たちがいるとの通報が入り保護に乗り出します。笑顔を取り戻すことができた犬は10年後、虐待防止のポスターに!

レンチで殴られ放置された犬たち

笑顔の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y1PK-yTT8Xo

これはバーバラのお話です。

バーバラは西オーストラリアの低木地帯で放置されているところを発見され、通報を受けたRSPCAが保護に向かったのです。

そこにいたのはひどく怯え、血を流した2匹の犬。

殴られた犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y1PK-yTT8Xo

どうやらバーバラともう1匹の犬は、タイヤ交換に使用する鉄のレンチで殴られ、顔は腫れあがっていました。

黒い犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y1PK-yTT8Xo

2匹ともひどいケガを負っており、治療が必要な状態でした。

放置された犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y1PK-yTT8Xo

どうしてこんな場所に放置したのか…あまりにも酷すぎます。

妊娠が発覚

子犬と母犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y1PK-yTT8Xo

2匹は緊急手術を受けました。そしてその際、バーバラが妊娠していることも発覚。

バーバラは8匹の赤ちゃんを出産しました。

女性と2匹の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y1PK-yTT8Xo

バーバラの里親に申し出たのは、RSPCAのインスペクターであるジェニーさんです。

もう1匹の黒い犬『クーガ』にも素敵な里親さんが見つかりました。

現場に落ちていたレンチが有罪判決の決め手に

手当される犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y1PK-yTT8Xo

バーバラとクーガの元の飼い主は判明しました。しかし、虐待したことは認めようとしません。

そこで現場に落ちていたレンチと元飼い主のDNAを照合したところ一致したことで、元飼い主には5000豪ドルの罰金と10年間の動物飼育禁止という有罪判決がおりたのです。

10年後、Million Paws Walkのポスターに

笑顔の犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=y1PK-yTT8Xo

RSPCAは毎年5月に、オーストラリア各所で動物虐待防止の呼びかけと資金集めのイベント、「Million Paws Walk(ミリオン・ポーズ・ウォーク)」が行われています。

ジェニーさんの家族となって10が経ったバーバラは、RSPCA西オーストラリアのMillion Paws Walkのポスターに!

この一連の出来事はニュースでも報道されました。

こんな素敵な笑顔を見せてくれるバーバラが虐待にあっていたなんて、誰が想像できるでしょうか。

虐待のない世の中に1日も早くなってほしいものですね。

実際のニュース映像をこちらからご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援にもつながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:RSPCA WA

RSPCA Western Australia

▼ 公式サイトはこちら
https://www.rspcawa.asn.au/

こんな記事も読まれています

母猫が子猫を置き去りに?ダクトに放置された生後間もない子猫たちを救出!

『余命わずかな愛犬』を手押し車に乗せて旅に連れて行く優しい飼い主さん

Comment