兄弟猫が木の上で立ち往生!!2匹同時に無事レスキューなるか!?

木の上で立ち往生する猫 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

今回ご紹介するケースは、木の上で立ち往生してしまった猫たちを救助しているボランティア団体『Canopy cat rescue』からのお話です。兄猫が木の上に登ったところ下りられなくなり、兄を追いかけた妹猫も下りられたくなってしまった…という2匹同時救助のレアケースでした。

木の上で立ち往生した猫を救助する『Canopy cat rescue』

ボランティア団体

出典:https://www.facebook.com/canopycatrescue/photos/a.10151658893747338/10153064903487338/?type=3&theater

今回ご紹介する団体『Canopy cat rescue』とは、ワシントン州を中心に活動を行うトムさんとショーンさんが運営しているボランティア団体です。木の上で立ち往生してしまった猫たちを無償で救助しているという素晴らしい活動を日々行っています。

トムさんは、アーボリストという高い木に登り作業するための資格を取得しており、なおかつ森林整体学の学位も取得しているという大の動物好きなのだそうです。

また、相方のショーンさんも同じくアーボリストの資格を取得済みです。さらに、プロの山岳ガイドという一面も持っており、やはり動物を愛する男性です。

そのため、こうした資格や経験を活かして、大好きな猫たちのために、往復何時間掛けても救助へ向かうという素晴らしい活動に取り組んでいるのです。お二人の行動には頭が上がりません。いつもありがとうございます!

木の上で立ち往生した兄を追いかけ妹猫も立ち往生…!

森林

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

今回の依頼は、高い木の上の方まで登ってしまったイヴァンは、木に登ったはいいものの、下りられなくなり立ち往生してしまったとのこと。さらに、そんな兄・イヴァンを心配した兄弟猫のセシルも2日後、木を登ってしまい、18mほどの高さで立ち往生中…。

猫は登ることは得意ですが、下りることは苦手な子が多くいます。この兄弟猫も同じようにスルスルッと登ることはできたようですが、その後、高さに怯えて下りられなくなってしまったようです。

このような状況になり、もう飼い主さんだけでは解決が難しいと『Canopy Cat Rescue』に依頼を出してくれたとのことでした。

登って近づくもセシルはさらに上へと登っていってしまう

セシルを発見

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

そこで、いつも通りショーンさんが道具を使い、まずは兄よりも低い位置にいるセシルとの接触を試みます。慣れた様子でスルスルと登っていき、セシルに近い場所まで到達しましたが、セシルは恐怖心もあり警戒しているのか、木の枝を伝って離れてしまいました。

逃げるセシル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

「大丈夫だよ。わかっているよ」と優しく声をかけるショーンんさんに、応答するかのように「にゃ〜」と鳴き声をあげるセシル。

そこで、セシルを安心させるためにも、先に兄であるイヴァンから救出することにしたショーンさん。この頃には、辺りからイヴァンとセシルのものと思われる鳴き声がひっきりなしに聞こえています。

枝に掴まるように立ち往生していたイヴァンを救助

捜索

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

ショーンさんがイヴァンから救助することに決め、慎重にゆっくり登りつつ、枝を折らないよう掻き分けながらイヴァンを捜します。

枝につかまるイヴァン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

すると、とても高い位置で心許ないほど細い枝に掴まるようにして立ち往生しているイヴァンの姿が!驚かしてしまうと非常に危険なので、ゆっくり、小さな声で、優しく声をかけながら慎重に近づいていきます。

「やぁ。今から助け出すよ」と声をかけるショーンさんに対して、イヴァンも「ニャァ」と応答している様子がわかります。助けてもらえることを理解しているのでしょうか。

抱っこされるイヴァン

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

首根っこを掴み救助しようとすると、少し抵抗する様子を見せましたが、ショーンさんの腕の中で抱っこされると安心したのでしょう。落ち着いた様子で何度も「ニャァニャァ」と鳴いて応えています。

落ち着いたところで持ってきていた袋に入れ、まずはイヴァンの救助が完了です。このままセシルの元へと向かうことに。

セシルも無事に救助…そして飼い主の元へ

少し抵抗するセシル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

そのまま先ほどセシルがいた場所へと移動し、慎重に近寄っていくショーンさん。やはり少し逃げようとする様子は見られるものの、先ほどのように激しく抵抗する様子は見られません。

兄・イヴァンが救助されている様子を見たり鳴き声を聞いたりしていたのかもしれません。少し「イヤイヤ」という様子は見せるものの、あっさりとショーンさんに抱っこされ、落ち着くまで撫でてもらうセシル。

抱っこされるセシル

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

その間も、何かを訴えるように鳴き声を出すセシルに、ショーンさんも「あぁ、わかっているよ」と言うように何度も声をかけます。このように心から歩み寄ることが大切なのかもしれませんね。

そして落ち着いたところで、イヴァンと同じように別の袋に入れられたセシル。この時には、特に暴れる様子もなく、自ら袋の中に入っていったようにも見えます。「助かった」と理解していたのかもしれません。

こうしてイヴァンとセシルはショーンさんと一緒に、無事木の上から救助されたのでした!

最後に

飼い主さんとの再会

出典:https://www.youtube.com/watch?v=ADiyma0d92k&t=93s

救助されたイヴァンとセシルは、木から下りた後、すぐに飼い主の女性とご対面!袋を渡され飼い主さんが「Hi」と嬉しそうに声をかけると、その声に応えるかのように優しく「ニャァ」と鳴き声が帰ってきている様子が記録されています。

このように、猫が木の上で立ち往生してしまうケースは、アメリカでも多く報告されています。今回の動画では、とても大変で過酷な救助の様子が記録されているので、ぜひみなさんも直接動画をご視聴ください。動画を観ることは、Canopy Cat Rescueの活動支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Canopy Cat Rescue

こんな記事も読まれています

『本当に同じ猫!?』保護から1ヶ月でこんなにモフモフに!驚きのビフォーアフター

「子犬」を道路に置き去り!車で逃げ去る飼い主の録画を公開し情報を求める!

木の上で立ち往生する猫

Comment