裏庭で”放置”されていた2匹の犬は【安楽死寸前】で救出され幸せへ再出発!

放置される2匹 感動
出典:https://www.youtube.com/watch?v=JZfZgXEEFQk

今回ご紹介する保護団体のストーリーは、ネグレクトを受け、最終的にシェルターに収容されてしまった「メイシー」と「ベアー」のお話です。シェルターに入れられ、最終日になっても里親が決まらなかったことで殺処分されそうになっていたところを、保護団体が引き取ることになりました。

裏庭で繋がれたまま放置されていた2匹の犬

メルシーとベアー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=JZfZgXEEFQk

「メルシー」と「ベアー」は、同じ家の裏庭で、長年繋がれたまま放置されていました。いわゆるネグレクト状態だったのです。その後、飼い主によりシェルターに収容されてしまったため、里親が来るのをずっと待つ生活を送っていたそうです。

しかし、2匹には家族として迎え入れてくれる里親は現れませんでした。

メルシーとベアー

出典:https://www.youtube.com/watch?v=JZfZgXEEFQk

正確には、メイシーには3人の里親さんが名乗りをあげ、トライアル期間を過ごしたようですが、その後、どの家庭でも受け入れてはもらえず、シェルターに戻ってきてしまったのだそうです。理由は背中にトラブルを抱えていたからとのこと。

ベアーには、一度も里親候補が訪れることはなく、そのまま2匹はシェルター収容最終日を迎えてしまったのです。

女性から救いの手が差し伸べられる

放置される2匹

出典:https://www.youtube.com/watch?v=JZfZgXEEFQk

あとは安楽死を待つだけ…という状況に陥ってしまった2匹の話を聞き、カリフォルニア南部の動物愛護団体『Creature KIND Foundation』の創設者でもあるヘレンさんが、シェルターから2匹を救い出すことに決めたと言います。

その言葉通り、ヘレンさんは2匹をシェルターから救出し、家族として迎え入れるために、自家用車へと連れて行きました。

車に乗り嬉しそうな2匹

出典:https://www.youtube.com/watch?v=JZfZgXEEFQk

ヘレンさんは「救出された犬たちは、いつもシェルターから連れ出すと、大喜びするのです。彼らは自分が助かったことを理解しているのでしょう。いつも車に飛び乗ってきてくれるんですよ」と話しています。

実際、映像に映っている車へ移動したメイシーとベアーは、とても嬉しそうな表情を見せています。「この人が愛情を注いでくれるかも」「助けてくれた!」と理解しているからこそ、このような笑顔が滲み出ているのでしょう。

2匹に必要なケアを施し幸せの再出発へ

家でのんびりくつろぐ2匹

出典:https://www.youtube.com/watch?v=JZfZgXEEFQk

背中にトラブルを抱えていたメイシーですが、長年治療されずに放置されていた足の怪我が原因だったようで、ヘレンさんに迎えられてから1週間後、足の手術を受けたところ、背中のトラブルもすっかり良くなったということです。

その後、メイシーとベアーは一緒に家庭犬として過ごしていくため、さまざまなトレーニングを受けることになりました。長年、庭で放置されていたため、家の中に入ること自体が初めての経験です。

散歩トレーニング中

出典:https://www.youtube.com/watch?v=JZfZgXEEFQk

一緒に飼い主と散歩を楽しむことや基本的なしつけなど、さまざまなトレーニングを行ったそうです。その結果、2匹はとても楽しそうにトレーニングに取り組んでくれたと言います。

最後に

楽しそうな2匹

出典:https://www.youtube.com/watch?v=JZfZgXEEFQk

メイシーとベアーは、多くのトレーニングに挑戦し、今ではヘレンさんの大事な家族の一員となっています。動画でも2匹が幸せそうに、そして快適で安心な暮らしを手に入れたことで、リラックスして室内で過ごしている様子が見られますよ!

日本では、いまだに外で犬を飼うご家庭が多くありますが、アメリカをはじめとした多くの他国では、犬を外飼いすることを法律で禁じています。ネグレクトに当たるからです。

メイシーとベアーは、ぎりぎりの状況でヘレンさんに運良く救われましたが、世界中には、未だに多くの犬が捨てられ、虐待され、殺処分されている現状があります。少しでも多くの犬たちが救われ、幸せな家庭へと引き取られることを祈ります。

こんな記事も読まれています

救助直前で虹の橋へ渡った母犬。しかし彼女の残した子犬たちは無事だった

【感動】小さな町で大火災発生!逃げ遅れた「子猫」焼失寸前の家に戻り「愛犬」が救助!

放置される2匹

Comment