保護された子猫は【超未熟児】それでも人間の愛を受けて元気に成長中

感動

野良猫が産み落とした子のなかで、1匹だけ生き残ったのは超未熟児の子猫でした。里親さんの愛情と手厚いケアを受け、危機を脱した子猫。毎日すくすくと成長中です。

生き残った子猫は1匹だけ

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-wonder-sweet-cat-fur-2657350341.html

動物の保護活動家で、里親ボランティアもしているエミリーさんの元に、ある日連絡が入りました。「未熟児の子猫たちがいる」というのです。

生後7、8ヵ月とみられる野良猫が保護されたのですが、その猫は妊娠していました。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-wonder-sweet-cat-fur-2657350341.html

「ストレスのせいでしょうか、出産は早産で、5匹の子猫を産みました」とエミリーさん。

でもこの母猫は子猫たちの世話をせず、赤ちゃんたちは急速に衰弱していきました。周囲の人々がけんめいに手当をしたのですが、生き残ったのはたった1匹だったのです。「ファイヴァル」と名づけられたその子猫も、やっと生きているような状態でした。

危険な状態の子猫

里親となるエミリーさんの家に運ばれたとき、ファイヴァルは危険な状態でした。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-wonder-sweet-cat-fur-2657350341.html

「触ると体が冷たいし、自力で顔を上げることもできませんでした。呼吸も苦しそうだったのです」

「最初の5日間は予断を許さない状態でした。毎時間わたしが管で給餌して、血糖値が下がり過ぎないようにしました」

この状態では生存は難しいと思われました。自力でミルクを吸うこともできないのです。エミリーさんは、体温を上げるために、保育器の中に子猫の体を入れ、毛布をかけて温めてあげました。

「保育器を開けるたびに『まだ生きているかしら』とドキドキしましたね。でも毎回、ミルクを求めて鳴く声が聞こえたので、安心したものです」

強い生命力で危機を脱した!

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-wonder-sweet-cat-fur-2657350341.html

ファイヴァルは、エミリーさんの手のひらに乗せてもまだ余裕があるくらい、小さな体をしています。でもその生命力は驚くほど強かったのです。

ファイヴァルという名はアニメ「アメリカ物語」に出てくるネズミのキャラクターから付けられました。このネズミと同じように、子猫は小さな体を逆手にとって強みにしたし、負けん気の強さも持ち合わせていたのです。

「5日ほどたつと、自分で哺乳瓶からミルクを飲めるようになりました。このとき『もう大丈夫だ』と確信したのです」

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-wonder-sweet-cat-fur-2657350341.html

体力がついてくると、ファイヴァルは寝床の中でごそごそと動き始めました。1週間後には通常の生後3、4日目の子猫と同じくらいに成長したのです。

「いろいろあっても、基本的には健康な子猫です。よく食べ、どんどん体重も増えています。順調に成長を続けており、日々強くなっています。まわりの心配をはねのけて、よい方向に進んでいますよ」

美しい白黒の毛並みに

成長につれ、毛の色も濃い灰色や黒に変わってきました。いまでは、美しい白黒の毛並みの、大きな耳をもつかわいい子猫になりました。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-wonder-sweet-cat-fur-2657350341.html

体が大きくなって元気が出てきただけではありません。個性も出てきました。大きな声で鳴いて、人間に「〇〇がほしい」と要求していますよ。

「すごくかわいくて、おっちょこちょいの子猫です。これまで出会った中で、たぶん一番魅力的な子でしょう。甘えるのと、食べるのが大好きですね」

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-wonder-sweet-cat-fur-2657350341.html

「ファイヴァルはモミモミも得意で、よく両手で毛布をこねています。まもなく遊びも覚えることでしょう」とエミリーさん。

瀕死の状態だった子猫は、美しく元気な子猫に変身を遂げました。いまやファイヴァルは健康で勇ましい「タキシード模様」の猫なのです。

出典:https://www.lovemeow.com/kitten-wonder-sweet-cat-fur-2657350341.html

こんな記事も読まれています

盲目のハスキー犬は冬が大好き!目が見えなくても雪を楽しむことができる『マッケンジー』

”鉄材の下に埋もれて”瀕死状態だった子猫。懸命の処置により無事に回復

Comment