【感動】1週間も線路から離れず「自分を捨てた飼い主」を待ち続けた忠犬に涙

感動

車内から線路に放り出されて捨てられた犬は、その場で飼い主を1週間も待ち続けていました。事故の危険があるため保護された犬。今度こそは愛情豊かな飼い主が見つかってほしいものです。

線路の上に捨てられた犬

米国カリフォルニア州で保護活動をしているスゼット・ホールさんの元には、野良犬がいるという情報が毎日寄せられます。でも「車内から線路に捨てられた犬がいる」という知らせを受けたとき、彼女はすぐに行動しました。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/loyal-dog-waited-a-week-on-the-train-tracks-for-his-parents-to-come-back-for-him

この黒ラブラドール雑種犬は、飼い主を最後に見た場所にとどまり、動こうとしないのです。でも線路はとても危険です。犬は線路の上で横たわって、飼い主が迎えに来るのを待っています。空腹のはずですが、餌をさがしに行く気配もありません。だって、飼い主がきっと戻ってくると信じているからです。

「犬たちはたいてい、捨てられた場所にとどまって飼い主を待ち続けます。犬は忠実な動物なのです。でも今回は列車に轢かれる危険があります。通報してくれた少女によると、列車がかなり直前に迫るまで、この犬は身動きもしないというのですから」

わなを使って保護

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/loyal-dog-waited-a-week-on-the-train-tracks-for-his-parents-to-come-back-for-him

スゼットさんが現場に到着すると、たしかに犬が線路の上にたたずんでいます。

「わたしが近づくと起き上がり、逃げようとしました。そこで鶏肉を投げて犬を立ち止まらせたのです。この犬は怯えていて、どうしようかと迷っているようでした」

そこで彼女は檻の中に鶏肉とホットドッグを入れた「わな」を設置して、身を隠しました。このようすだと、檻の中に入ってくるまで時間がかかりそうでした。

「犬がわなに入ってくるまでに、ずいぶん待つことがあります。でも決してあきらめません。わたしは車の中で眠って待つこともあるほど、辛抱強いのです」

でもまもなく、空腹に耐えかねた犬が檻に入っているのを発見しました。彼女はこの犬に「ソルジャー」という名をつけ、そのまますぐに獣医の元へ運びました。

忠実な犬にすばらしい飼い主を

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/loyal-dog-waited-a-week-on-the-train-tracks-for-his-parents-to-come-back-for-him

ソルジャーは連れていかれた「カミノ・ペット病院」で落ち着いたようすをみせています。スゼットさんは里親家庭を見つけてあげるところです。

いまソルジャーは、病院で薬浴を受け、たっぷりと餌をもらって、病院スタッフになでられるとしっぽを振って喜ぶほど元気になりました。

彼女はソルジャーにすばらしい飼い主を見つけてあげるつもりでいます。この忠実な犬にふさわしい、愛情をたっぷり注いでくれる家族が早く見つかるとうれしいですね。

出典:https://www.thedodo.com/daily-dodo/loyal-dog-waited-a-week-on-the-train-tracks-for-his-parents-to-come-back-for-him

こんな記事も読まれています

突然「母なし子」となってしまった子猫たち…逃げ回っているところを無事に保護

虐待にネグレクト、劣悪な環境で5年間も耐えていた犬たちをレスキュー

Comment