【木にくくりつけられた犬】を発見し保護!いったい誰がこんな酷いことを?

感動

ギリシャ・クレタ島の保護団体『タキス・シェルター』の元に、木につながれたまま放置されている犬がいるとの連絡が入ります。現場に向かって目にしたのは、大きな鈴をつけられ、短い鎖につながれた犬の姿。誰が一体こんな酷いことを…?

抑圧されていた犬

木

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WqK-q9kad0I

連絡を受けたタキスさんが現場に向かうと、何もない田舎道からカランコロンと乾いた鈴の音が聞こえてきました。

大きな鈴をつけた犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WqK-q9kad0I

田舎道の脇にある1本の木には、短い鎖とひもに繋がれた犬が…。その首には大きな鈴がつけられていました。

満足に動きがとれない上に、動けば鈴がなるということはどんなにストレスだったことでしょう。

首輪を外される犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WqK-q9kad0I

鎖と首輪を外してあげますが、犬の思考はすでに「ここから動いてはいけない」と抑圧されてしまっていました。

自由になったのにも関わらず、犬はその場から動こうとしません。

木の横に座る犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WqK-q9kad0I

リードをつないで車に誘導しようとしても、すぐに繋がれていた木の下に戻っていきます。

自分の世界はここだけだと強く刷り込まれてしまっているようでした。

そんな犬をタキスさんは優しく導きます。君は自由なんだよ…と。

開放された犬『ルイス』

伸び伸びしている犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WqK-q9kad0I

犬は『ルイス』と名付けられました。

タキスさんの優しさや愛情に触れ、抑圧された心も開放されたようです。

しっぽを振ってタキスさんに近寄ってきます。

犬たち

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WqK-q9kad0I

施設のほかの犬たちとも仲良しに!

撫でられる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=WqK-q9kad0I

もちろん、施設を訪れる人たちにもしっぽをふって挨拶します。もともと人が大好きないい子なのでしょう。

今、ルイスは自由を楽しむのはもちろん、毎日がとっても充実しています。

誰が何の目的でルイスにあんな酷いことをしたのかはわかりませんが、ルイスの幸せそうな姿が見れて良かった!

あとは永遠の家族がみつかることを祈るばかりですね。

ルイスの様子は実際に動画でご覧ください。動画を見ることは保護活動の支援にもつながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Takis Shelter

こんな記事も読まれています

棄てられた子猫と、養豚場から保護された子豚が「大親友」に!優しい世界にほっこり♡

保護犬のピットブル2頭が”泥棒を撃退”して里親に恩返し

Comment