「飼い主との再会に涙」路上暮らしをしていた小型犬を保護してみると…

感動

ロサンゼルスの保護団体『HOPE FOR PAWS』のもとに、小型犬の保護依頼がありました。怯えて逃げるものの、どこか助けを求めているようにも見えるその犬は、後に迷子になってしまった犬だったことが判明!

車のかげに隠れ…

車のかげから見ている犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

HOPE FOR PAWSに、住宅の駐車スペース、車のかげに隠れる小型犬がいるとの通報が入ります。

現場に向かうと、通報してくれた人たちが犬を見守り、保護活動も手伝ってくれました。

まずは、犬が逃げ出さないように駐車スペースの出入り口を簡易フェンスで囲います。

そして、HOPE FOR PAWSメンバーが車の下をのぞくと…怯えながらもこちらの様子をうかがっている犬の姿が!

怯える犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

近づこうとすると、犬は軽く唸ります。

ワイヤ―リードで犬の体を触り、ワイヤーリードが怖いものではないことをわかってもらおうとしますが…

怖いものは怖い!犬はワイヤーリードをよける素振りを見せました。

逃げたい犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

うなったり警戒するも、その場から動かない犬を見て、そのままワイヤーリードをかけようとしますが、犬は逃げてしまいます。

車の周りを右に左にと移動して、捕まろうとはしない犬。けれど、HOPE FOR PAWSのリーダーは、その姿をずっと見ていて実は保護されることを望んでいると確信しました。

触らせてくれる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

そこで作戦変更!

明るく楽しい雰囲気で犬に声をかけながら徐々に近づくと…犬も徐々にメンバーを受け入れてくれるようになりました。

リードを掛けられる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

布のリードだって、簡単にかけさせてくれます。

車に飛び乗る犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

車まで連れていきドアを開けると、慣れた様子でヒョイッと乗り込みます。

マイクロチップが埋め込んであるか確認しますが、マイクロチップは装着されていないよう。

車の中ではすっかりリラックスした犬。誰かに飼われ、車にも乗り慣れていることは明らかでした。それがどうして路上暮らしをすることになったのか…?

『パドルズ』と名前をもらう

シャンプーされる犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

HOPE FOR PAWSが犬の写真をInstagramに投稿すると、『パドルズ』という名前を推す声が多かったそう。

そこで、犬はパドルズと呼ばれることになりました。

いつものように、病院に直行し体を洗われ…

フワフワな犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

乾かしてもらったあとはまったりタイムです。

汚れて灰色がかっていた被毛も、真っ白ふわふわになりました。

これから里親探し…となるところが、今回は異なる展開に!

飼い主との再会

飼い主と再会する犬

出典:https://www.youtube.com/watch?v=jFNVSvpTtb8

病院のスタッフにも可愛がられ、すっかり落ち着いたパドルズでしたが、ある日パドルズが連れて行かれた部屋の先には、本当の飼い主さんが!

ちぎれんばかりにしっぽを振り、再会を喜ぶパドルズ…本名『チャーリー』です。何でも、網戸を破って家を飛び出してしまい、そのまま迷子になってしまったそう。

マイクロチップや迷子札があれば飼い主さんがすぐにわかるのですが、チャーリーはどちらもなかったのです。飼い主さんは今回のことを教訓に、マイクロチップと迷子札のどちらも装着しました。

再会できて、本当に良かったですね!

心配でたまらなかった飼い主さんと、会いたくてたまらなかったチャーリーの様子は実際に動画でご覧ください。動画を見ることは、保護活動の支援につながります。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope for Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

天真爛漫すぎて『問題児』扱い…里親が見つかるも返えされ続けた猫は本当の家族を見つけた

骨折した猫を保護。最初は人に警戒していた猫も人の温もりに触れて…♡

Comment