車が飛び交う道路を数週間もさまようチワワ。交通事故の危険があるためすぐに救助へ!

感動

Hope For Pawsの元に「数週間路上をうろついているチワワがいる」との通報が入りました。車通りも多く、このままでは交通事故に遭ってしまうかもしれない…非常に危険な状態からチワワを救うべく、Hope For Pawsのスタッフたちは現場へと急行しました。

交通量の多い道路を彷徨うチワワの保護へ

路上を彷徨うチワワ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=chiLKtGzQhQ

数週間、車通りの多い住宅街の道路をうろうろしているチワワがいるとの通報が入り、保護団体『Hope For Paws』のスタッフたちは早速現場へと向かいます。現場へ到着すると、すぐに発見!たしかにこの状況では非常に危険です。

まるで道路を走行、あるいは停車している車の間を縫うようにチョロチョロと移動しているチワワ。トラックの運転手さんも「ここにいるよ」と指を差して教えてくれています。

あまりに危険な状況なので、食べ物を投げ与えながら慎重に近づきますが、チワワは追いかけられていると察知したのでしょう。すぐさま小走りで住宅街の方へと走り去っていきました。

しかし、住宅街に入ってくれたのは幸運です。チワワが交通事故に遭うリスクが下がります。どうやら住宅の駐車スペースへと侵入していったチワワの後を追うと…

車の奥にいるチワワ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=chiLKtGzQhQ

いました!車の奥に戸惑った様子でうろうろしている姿が見えます。すぐに追いかけ、コーナーに追い詰めたスタッフたち。チワワは「こっちに来ないで!」と言うように吠えています。

ワイヤーリードを使って保護を試みる

ワイヤーリードを避ける

出典:https://www.youtube.com/watch?v=chiLKtGzQhQ

コーナーに追い詰めることができたため、そのままワイヤーリードを使って保護を試みることに。

すると、最初は器用に頭を動かしながらワイヤー部分を避けていたチワワでしたが、Hope For Pawsのスタッフたちも手慣れています。すぐにチワワの首へとスッとワイヤーリードを通し、キュッとリード部分を締めることに成功しました!お見事!

どうやらあまりの不安からおしっこやうんちを漏らしてしまったようですが、保護のためには我慢してもらい、急いでコーナーから引っ張り出し、ワイヤーリードから布リードに替えて落ち着くのを待ちます。

触らせてくれる

出典:https://www.youtube.com/watch?v=chiLKtGzQhQ

「ブロッサム」という可愛らしい名前をつけてもらったチワワは、相変わらず吠えて威嚇し続けていますが、どうやら噛む気はないようです。慎重に撫でても吠えるだけで噛もうとする様子は見せません。もしかすると、元々は飼い犬だったのかもしれません。

落ち着いたブロッサムを車へと移動

抱っこ

出典:https://www.youtube.com/watch?v=chiLKtGzQhQ

しばらくすると、落ち着いた様子を見せたブロッサム。「そろそろ大丈夫かな」と頃合いを見計らい、ブロッサムを抱き上げると、案外すんなりと抱っこさせてくれました!

そのまま車の中へと移動すると、ちょっぴり戸惑ったような表情を見せつつも膝の上で大人しくお座りするブロッサム。とても可愛らしいです。

車に乗るブロッサム

出典:https://www.youtube.com/watch?v=chiLKtGzQhQ

ブロッサムは栄養失調気味だったため、このまま放って置かれていれば、もしかすると命に関わっていたかもしれません。元々飼い犬だった可能性もあるので、ブロッサムにとって過酷な路上生活を強いられており、威嚇し続けていたのかもしれません。

病院でしっかりケアを受けるブロッサム

バスタイム

出典:https://www.youtube.com/watch?v=chiLKtGzQhQ

病院に着いたブロッサムは、まずバスタイムへ♪優しく丁寧に洗ってもらった後は、しっかり休める快適なベッドを用意してもらい、その後は栄養を摂取するために十分な食事も与えてもらいました!

暖かそうな毛布に包まれて、最初とは違うちょっぴり安心したような表情を見せるブロッサム。もちろん、スタッフさんたちに触れられることもすっかり慣れていますよ!

ブロッサム

出典:https://www.youtube.com/watch?v=chiLKtGzQhQ

その後、ブロッサムはというと、2〜3週間後に里親さんが決定し、里親さん宅へとお迎えされることになりました!動画では、お家にいる先住犬やお子様を含むご家族と楽しい日々を暮らしている様子が映っています♪幸せな環境に迎えられて本当に良かったですね!

動画を見ることは、保護活動支援につながります。ぜひブロッサムの現在の様子まで、動画でご視聴ください。

※こちらの記事は動画配信をしているYouTubeチャンネルより許可を得て掲載しております。
掲載YouTubeチャンネル:Hope For Paws – Official Rescue Channel

Hope For Paws

▼▼ 公式サイトはこちら ▼▼
https://www.HopeForPaws.org

▼▼ Facebookページもあります ▼▼
https://www.facebook.com/HopeForPawsCalifornia

こんな記事も読まれています

年老いて捨てられた猫。心を閉ざしていたけど新しい友達と出会い『家族の素晴らしさ』を学んだ

『首に痛々しい傷跡』が残るほど強くリードを巻かれていた犬は脱水症状で衰弱状態だった

Comment